電気ポットと電気ケトル - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

電気ポットと電気ケトル

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大

大量のお湯を沸かして保温する電気ポットは、もう昔の話。


必要な時に必要な量のお湯を沸かすのが、電気ケトル。


どちらが、今のニーズにあっていますか?


電気ポットが売れていた時代は、技術的に、お湯を沸かすのに時間がかかるために、必要な時に間に合わないというニーズがあったから売れた。


今は、都度、必要な量のお湯をだけを
沸かし、不必要なお湯を沸かさない。


それだけ、お湯を沸かす時間が短縮できる技術が確立できたからだ。


当然のごとく、電気ケトルが売れる時代だ。


なのに、今だに電気ポットを売ろうとする会社や営業がいる。


電気ポットを売るなら、電気ポットが電気ケトルを上回る使用者にとってのメリットが説明できなければならない。


時代が進んでいることを踏まえて、お客様の視線でメリットを整理しなければならない。


それができない商品を売ろうとしても、売れないのは当然なことだ。


液晶テレビを始め、多くの日本商品がそうなっていないか、検証する時期に来ているのではないか。






iPhoneからの投稿

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社CSプランナー 代表取締役

キキダスことで平凡な営業がトップセールスに変わります。

学生時代、成績劣等生が、できない悔しさを知っています。誰のができる面白く営業するを実践し、25年間、業績の前年割れを経験したことがありません。常に新しいこと(客、商品)に2割の力を入れることで業績を上げ続けることができます。

このコラムに類似したコラム

パナソニック、7800億円の赤字! 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/02/03 20:15)

営業成績を上げるには、確率から行動を考えよう! 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/03/15 23:31)

もう日本製だから、は通用しない。 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/12/15 14:58)

営業は当たり前を面白く 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/11/09 09:43)

今こそ、なぜ、が大事! 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/10/20 01:51)