もう日本製だから、は通用しない。 - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

もう日本製だから、は通用しない。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大
中国で日本製が売れない、というニュースが出ている。


事の発端は、尖閣列島の問題にあるのは事実だが、それだけで片付けてはいけない。


例えば、自動車。


トヨタ、ニッサンでなければならない、理由がないのだ。


GMがある。BMWもある。現代もある。ましてや国産車もある。


日本車でなければならない理由がない。


それを、日本人は、日本車が性能、品質だから、一番売れなければならないと思い込んでいる。


それは、テレビを初めとした家電製品でも同様である。


これが、日本製品が売れなくなった大きな理由だ。


性能が一番良い、とは誰が決めたのだろう。


それは、日本人だ。


品質が世界一と言っているのは誰だろう。


これまた、日本人だ。


世界中の国の人が言っているのではないはずだ。


かつては、「MADE IN JAPAN」は、高い品質を誇っていたかもしれない。


しかし、それは、「そのコストでその(必要な)品質が」他の国には作れない時代のことだ。


日本車で言えば、同じコストで、パワーウィンドゥ、カーエアコン、パワステアリング、静音性、燃費が、他の国では実現できない圧倒的な差があった。


今は、差があるにせよそんなに大差ではない。


だから、わざわざ日本製品を選ばなくても良いのだ。


それを、日本贔屓で日本人自身が日本製品を見ていることに、根本の原因があることを自覚しなければならない。


海外だけでなく、日本国内でも「それ(海外製も大差がない)に気付いた日本人によって」日本人にも売れなくなっている。


もう日本製だから、は通用しない。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社CSプランナー 代表取締役

キキダスことで平凡な営業がトップセールスに変わります。

学生時代、成績劣等生が、できない悔しさを知っています。誰のができる面白く営業するを実践し、25年間、業績の前年割れを経験したことがありません。常に新しいこと(客、商品)に2割の力を入れることで業績を上げ続けることができます。

このコラムに類似したコラム

牛丼に見るコストパフォーマンスの限界 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/05/28 13:06)

体罰の功罪を論議することは必要か? 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/02/03 10:41)