ロックフォール村で - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
大庭 麗
(料理講師)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ロックフォール村で

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室
素材

5月9日(続き)

ロックフォールRoquefort-sur-Soulzon村にやってきました。

青カビチーズ「ロックフォール」の産地としてとても有名なところです。

もともとは山の斜面にある洞窟で発生した青かびを使ってチーズを作り、今も洞窟で熟成がされているそうです。





山間の道を、不釣り合いに巨大なトレーラーが走り抜けていきました。どこへ向かうのでしょう、パリ、日本、あるいは大消費地であるアメリカなのかも。


パピヨンPapillon

こんな山の中にいるとは思えないような、黒服の「しゅっとした」お兄さんが売店にいます。さすがに有名な会社!


いろんな種類のパピヨンが売られています。




ビオのパピヨン


私は一番上等の「プレミアムpremium」€9.5を買ってみました。(本当はもっと高いようですが、キャンペーン価格のよう)


とてもマイルドで、通常の強く刺すような風味も強めの塩気もありません。パンと一緒に食べても、そのままでも、とてもおいしかったです。満足!



ブルビ(羊)の乳で作ったバター
買ってみればよかった! これはとても後悔しています。そのかわりにこの辺りで採れたEXオリーヴ油を買って来ました。パピヨン社製! そう言えば、来る途中幾度もオリーヴ畑を通り抜けてきたことを思い出します。これは6月の料理講座で使う予定です。

ふたたびフアスfouace



ラングドック地方に来てから、ずっと気になっていたものの実物をようやく発見しました。
ポストカードに頻繁に登場し、その姿はまるで野に咲くイソギンチャクのようだったのです。

カルダベルcardabelleという名前のあざみの一種だそうで、戸口やドアの上に釘で打ち付けてあります。お店の人に聞いてみました。
「何にするのですか?」
「一つはお守りとして。もう一つは天気予報がわり」
「??」
「お天気だときゅっと小さくなり、雨が降りそうだとだらんと広がるのです」
へぇぇ。
なんとも奇妙な植物です。いつか野に咲いている状態のものを見てみたい!

すべての写真はブログをご覧ください。

このコラムに類似したコラム

映画「大統領の料理人」を見に 塚本 有紀 - 料理講師(2013/09/15 17:36)

パリのおみやげ「アラブのお菓子」 塚本 有紀 - 料理講師(2013/08/20 00:49)

食紀行 フランス編⑤ 坂本 孝子 - 料理講師(2013/08/06 19:57)

meiji レシピ広がるプレーンを使って その2 休日の朝は、 宮代 眞弓 - 料理講師(2013/04/14 07:56)

ローズマリーの花 塚本 有紀 - 料理講師(2013/03/15 22:08)