事業仕分けを陣頭指揮した枝野氏、行政刷新相に - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

平 仁
ABC税理士法人 税理士
東京都
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

事業仕分けを陣頭指揮した枝野氏、行政刷新相に

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
雑感 業務その他
鳩山内閣は、新閣僚に枝野元政調会長を、行政刷新相で起用した。
枝野氏は昨年の業務仕分けにおいて、仙石前行政刷新相の下で、
議員による事業仕分けのチーフとして辣腕を振るっていただけに、
事業仕分けの陣頭指揮から統括に立場に鞍替えすることになる。
事業仕分けの強化、早期の第2弾の可能性が高まったともいえよう。

民主党きっての論客であり、事業仕分けをめぐる国会答弁を担当することは、
答弁に苦慮している鳩山政権にとって、頼もしい存在となろう。

ただ、これまで冷遇されている方が多いといわれる反小沢派であり、
党内の反発を抑える意味も含まれている気もしますね。

負担過多になりがちな兼務から仙石国家戦略相が解放され、将来に向けた
日本の国家戦略の策定に集中できる環境が整ったことは評価されるべき
でしょうし、枝野氏は財政にも比較的明るいだけに、政治主導による
税調の運営にも大きな影響があるだろう。特に、枝野氏は消費税増税の
必要性を早くから認識していた数少ない民主党議員だけに、鳩山政権後の
次の民主党政権での消費税増税論議の鍵を握る人物ではないだろうか。

藤井前財務相の辞任の余波による横滑り人事ではあるが、鳩山首相が
自らの決断で下した人事には、色々と含意がありそうですね。