債権の焦げつき① - 経営コンサルティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社アースソリューション 代表取締役
東京都
経営コンサルタント
03-5858-9916
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
寺崎 芳紀
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2021年11月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

こんにちは!株式会社アースソリューションの寺崎でございます。


今日は、「債権の焦げつき」について。

2回に分けて配信したいと思います。


介護業界では、サービスをご利用者様に提供した場合には他業種同様「売掛金」と計上されます。


他業種と明らかに異なるのは、利用者負担分(サービス合計1~3割)以外については国が負担する形態になっている、という点です。

要は、最低でも7割~9割分の報酬は焦げつくことなく、収入となるのです。


残りについては、ご利用者様に請求するわけですが、やはり債権回収に苦労するケースはあります。


嗜好品や贅沢サービスについては、顧客の経済属性は所得層が比較的高い方が中心となるでしょう。

しかし介護の場合、サービスを利用する方は、その性質上当然ながら経済的に余裕のある方ばかりではありません。高齢になれば、いずれは何らかの手助けが必要となる。それを社会で支えようという観点から、公的保険制度という枠組みで運営しているわけです。


とはいえ、事業者と利用者との間でサービス利用契約を締結し、その契約に基づいてサービスを提供し、一部とはいえ自己負担していただくわけですから、契約に基づかない事項(契約不履行事由に該当すること)は許されません。当然のことですね。

これは民間企業だけでなく、社会福祉法人であろうが医療法人であろうが、全く同じ。


これが他業種であれば、債務不履行者については断固とした態度で臨むでしょう。

督促をし、場合によっては内容証明郵便等を出し、それでもダメなら法的手段を講じる等、やってくるでしょう。当たり前のことです。

 

しかし、介護の場合は事情が少し異なります。

この続きは、次回に・・・

 


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
株式会社アースソリューション 代表取締役

介護事業所の開設から運営まで、オールワンでお手伝いいたします

有料老人ホーム施設長・訪問・通所介護管理者・老健相談員、事業所開発等の経験を活かし、2007年7月に弊社を設立しました。介護施設紹介サービスをはじめ、在宅・施設介護事業所の開設・運営支援・実地指導対策支援を行っております。

03-5858-9916
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

債権の焦げつき② 寺崎 芳紀 - 経営コンサルタント(2020/10/18 08:00)

賃金500万円以上未払いの疑い 運営団体を書類送検~ケアマネタイムスより 寺崎 芳紀 - 経営コンサルタント(2021/01/13 08:00)

居宅介護支援 サービス割合を利用者に説明へ 寺崎 芳紀 - 経営コンサルタント(2020/12/14 08:00)

介護は「禊」か? 寺崎 芳紀 - 経営コンサルタント(2020/10/24 08:00)

介護報酬改定のQ&A 寺崎 芳紀 - 経営コンサルタント(2021/03/06 18:03)