台風に備えます。 - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

代表取締役
茨城県
建築家
0299-24-1343
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

台風に備えます。

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 新築工事・施工全般
その他活動など いろんな話

昨年の千葉県に凄い被害が出た台風15号ありましたよね。

あの台風で私の自宅も被害にあってしまったのです。

まあ、その後復旧したのですが・・・


その後少し強い雨が降ると雨漏りがするようになってしまったのです。

暫く雨が降るとバケツなど置いて凌いでいたのですが、最後には天井が

ドーンと落ちてしまったのです。。。


その後もちょこちょこ雨漏りがしているようなので、私は仮説を立てました。

天井は2か所漏っているので、以前瓦が捲れた際、その右側から下にかけて水の

跡があったので降った雨がベランダに沿って曲がる際に飛び出してしまうのではないか

その量にが多くなるとところから分岐して2か所になっていると思っていました。


うちの親はベランダの室内配管のつなぎ目ではないかと、大工さんはベランダの

外部の角が怪しいのではないかとそれぞれ仮説を立てました。


ということで、暑いある日朝から下の方から順に水を流すことにしました。

※上から流すとどこからなのか分からなくなってしまうため、下流から順次

流してゆきます。


先ずベランダの排水溝に水を流すと・・・


下から「あっ 漏れてる」と。

あっけなく親父指摘の箇所から水漏れ発見。。。


私の予想は少し外れました。


その後ベランダ角

特に変化なし。


最後普通に屋根に水を流す。

下から「漏れてる漏れてる」ということで、私の仮説はあたっていました。


その後瓦を外してみるとやはりベランダを曲がる際、飛び出したものが水みち

を作り下地を通って雨漏りというルートが分かりました。


恐らく以前はゴミがパンパンに詰まっていたために水が漏れなかったのだろうと。

40年以上掃除なんてしてませんからね。

それが台風で瓦が捲れた際、ゴミが詰まっていたので掃除をしてしまったのが原因

ですかね。

ちょっとヘンですけどね。


今回はキレイに掃除した後カーブするところを高くしました。

雨の激しさも昔とは違うってのもあるのでしょう。


ということで先ず雨漏り箇所の修繕が台風シーズン前に終わったので、今年の台風シーズン

は様子を見て(点検口も付けました)見たいと思います。



これで乗り切れれば天井のきちんとした修繕を行うつもりです。


でも今年の台風はそのレベルを超えそうな気もしていますが。。。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(茨城県 / 建築家)
代表取締役

ちょっとした工夫で将来動線にも対応。長期快適な暮らしのご提案

今から将来を見据えて、最初にちょっとした施工工夫を加えてみませんか。「地震に強い」は当然として、省エネや老後・将来の経年改良など最初に工夫して、「将来のコスト負担を出来るだけ減らす」をご提案。知恵を絞って限られた予算の中で最善を尽くします。

0299-24-1343
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「その他活動など」のコラム

アパートの探し方(2021/02/11 12:02)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 家を建てる前に知っておきたいこと/茨城で家を建てる人

「家を建てる」その前に勉強しておくこと。

料金
無料

家を建てる・買う前に「最低限知っておくべきと思うこと」を計4回にまとめました。住宅取得に関する注意事項は多岐にわたりますが、その中でも最低限知っておいてもらいたいことを事前準備として一緒に勉強しましょう。

家を建てる前に知っておきたいこと/茨城で家を建てる人