裁判継続中なのですが、コロナを期に何か違うと強く感じるようになりました。① - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

代表取締役
茨城県
建築家
0299-24-1343
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

裁判継続中なのですが、コロナを期に何か違うと強く感じるようになりました。①

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
不動産 裁判

実は2月某日会社に簡易裁判所から封書が届きました。

何だろうと中身を確認すると「訴状」と「口頭弁論期日呼出状及び答弁書催告状」

が入っていました。

そう、私は訴えられたのです。


と、訴状が届いてから現在までのことについては、今後ここでお話してゆきたいと

思っています。


正直、納得いかないことがあっても仕方なかったり、我慢しなければならないことも

多いと思うのですが、テレビ等で見るだけでなく、自分の目でもコロナの経済的影響に苦しむ

人々・お客さんを見ていたら何か違うのではないか?と思うようになってきました。


これまで何度も市役所で説明しても一向に現状が変わることは無く今に至ります。

でも、これまでは半分諦めるしかないのか?とも思っていましたが、やっぱりそれは違う

のではないかと強く思うようになったのです。


今後裁判で認められたことが実行されるまでここでお話してゆきたいと思っています。





カテゴリ このコラムの執筆専門家

(茨城県 / 建築家)
代表取締役

ちょっとした工夫で将来動線にも対応。長期快適な暮らしのご提案

今から将来を見据えて、最初にちょっとした施工工夫を加えてみませんか。「地震に強い」は当然として、省エネや老後・将来の経年改良など最初に工夫して、「将来のコスト負担を出来るだけ減らす」をご提案。知恵を絞って限られた予算の中で最善を尽くします。

0299-24-1343
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「不動産」のコラム