日経記事;『好調日の丸ロボット、ライバルも増える 今どきの投資テーマ(2) 人手不足』に関する考察 - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事;『好調日の丸ロボット、ライバルも増える 今どきの投資テーマ(2) 人手不足』に関する考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大
経営戦略 新規事業開拓・立上

皆様、
こんにちは。
グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。

9月11日付の日経新聞に、『好調日の丸ロボット、ライバルも増える 今どきの投資テーマ(2) 人手不足』のタイトルで記事が掲載されました。

本日は、この記事に関して考えを述べます。

記事の一部抜粋(冒頭部分)は、以下の通りです。

『世界に先駆けて人口減少や高齢化に直面する日本。日本企業は産業用ロボットや工場・倉庫の自動化などを通じて、構造問題化する「人手不足」解決の先駆者となってきた。ただ海外勢も急速に力を高めており、グローバル競争が激しくなっている。。。』

日本には、ファナックなど大手ロボットメーカーが世界市場で自動化工場を可能にするロボット技術を開発・実用化して、勝ち組になっています。

同時に、ファナックやキャノンなどの大手メーカーは、工場をほとんど自動化して、極めて少人数で運営しています。

この点から、日本は、特に製造分野でのロボット大国になっています。

かって、中国は安い労働力で、世界の工場になりました。しかし、現在、中国国内の労働者賃金は高騰しており、多くの進出企業が、安い労働力を求めて、ベトナムなどに、労働集約型の工場を移管しています。

さらに、中国でも多くの若者が、工場でのきつい仕事を敬遠しており、工場労働者不足が深刻化しています。

この状況下、たとえば、現在ベトナム(特に北部のハノイ市周辺地域)は、このような労働集約型工場の受け入れ口になっています。

そう遠くない将来、このベトナムも、労働者賃金が高くなり、現在のタイのように、新規に工場展開することが、容易にできなくなる状況になります。

日本、中国、アセアン地域での工場運営は、人的資源に頼るやり方から、ロボットを活用した自動化・機械化を行うことになっていますし、なっていきます。

国内では、中小メーカーの人手不足が、大手に比べて深刻化しています。中小の場合、ファナックやキャノンなどの大手メーカーと比べて、規模が小さいことや、大量生産していないなどの理由で、工場全体を自動化・機械化する必要がありません。

そのようなときに活躍するのが、協働ロボットです。協働ロボットとは、『「人の代わりに作業するロボット」から「人と共に作業するロボット」安全柵なしで人と協働して作業することができるロボットです。』と、協働ロボット・システム.comで定義されています。
https://cobot-system.com/feature/#con_top

協働ロボットは、中小メーカーの製造ラインで、人と共に製造作業を行うとともに、製造要員の安全を担保できる、中小企業にとって使い勝手の良いものです。
当然のごとく、協働ロボットは、総じて安いことと、使用するためのプログラム開発が簡単であることが求められます。
私の支援先企業の中には、この協働ロボットを採用して、人手不足と生産性向上の課題を同時に解決した会社もあります。

この協働ロボットメーカーとして、代表的な企業の一つがユニバーサル・ロボットになります。

最近、半導体検査装置で世界大手の米テラダインが、ユニバーサル・ロボットを買収しました。

上記協働ロボット・システム.comのWebサイトには、協働ロボットの紹介に、ライフロボティクス社のロボット「CORO(コロ)」が入っています。

このCORO(コロ)は、吉野家のほか、ロイヤルホストやトヨタ、オムロン、化粧品のコスメナチュラルズなど各社で、外観検査、ピッキング、搬送作業を手伝うための協働ロボットとして用いられています。

そして、2018年2月にファナックが、ライフロボティクスを買収しました。

ファナックやテラダインが、協働ロボットメーカーを買収したのは、この事業分野が今後、大きく成長することを予想していることによります。

IT・ロボット・AI・IoT対応はm中小から大手の工場からオフィスまで、人手に頼っていた多くの作業や仕事を、自動車・機械化することができます。

日本は、現時点で世界のロボット大国ですが、ロボットがAI・IoT対応化する事業環境下では、その優位性もあっという間に、ひっくり返されるリスクがあります。

ロボットは、ハードウェアとソフトウェアの塊になります。一般的には、国内企業のソフトウェア開発力は、欧米企業に比べて低いと言われています。

そのような状況下でも、国内にも有力なITベンダーが育っています。その代表例の一つが、PFN(プリファード・ネットワークス)になります。

PFNは、現時点でIPOを行う計画はもっていません。当社は、日本で有数のユニコーン(未上場で企業価値10億ドル以上の企業)とされています。

これは、トヨタやファナック、日立製作所など日本を代表する大手から、多額の投資を行われたことによります。

PFNは、機械学習や深層学習などを応用し、主に自動運転やロボット、バイオヘルスケアの分野で事業を行うとしています。

現在、このようなPFNの活躍に刺激を受けた多くのITベンチャーが、ロボット分野に参入しています。

ロボット分野は、RPA(Robotic Process Automation:ロボットによる業務自動化)や上記協働ロボット、工場全体を自動化する大型ロボットなど多様化しています。

ロボット分野は、間違いなく今後社会や企業のニーズをとらえて成長する事業です。

国内のベンチャーや中小企業には、大きな新規事業機会獲得につながりますので、徹底的な差別化・差異化を可能にする技術やノウハウを武器に、世界市場で勝ち組になることを大いに期待します。

よろしくお願いいたします。

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「経営戦略」のコラム