日経記事;『新幸福論 Tech2050』に関する考察 - 海外展開 - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事;『新幸福論 Tech2050』に関する考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 海外展開
経営戦略 新規事業開拓・立上

皆様、
こんにちは。
グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。

1月5日付の日経新聞に、『新幸福論 Tech2050』のタイトルで記事が掲載されました。

本日は、これらの記事に関して感じたことについて書きます。

当該記事は、二つあります。各々の記事の冒頭部分は、以下の通りです。

『新幸福論 Tech2050無尽蔵エネルギー 太陽の力 地上で再現
資源の制約からいかに抜け出すか。それはエネルギーを手がける企業以外にとっても他人事ではない。トヨタ自動車や米グーグルは究極の無尽蔵エネルギーである太陽の力に着目し研究開発を進めている。。。』

『新幸福論 Tech2050(4) 資源制約からの解放
人類が2030年代にも実現をめざす火星旅行。片道で約8カ月もの長い旅になるが、その間の食糧を心配する必要はなくなりそうだ。宇宙船の片隅に設置されたバイオリアクター(生物反応器)が絶えずたんぱく質を作り出すからだ。。。』

インターネット、IT、人工知能(AI)、IoTなどの新技術は、今まで既存の社会、あるいは事業基盤を急速に破壊・再構築してきましたし、今後も、さらに加速して多くの分野で実行されていきます。

本日の記事にありますエネルギーや食料などの人や企業の営みに必要なものにまで、新技術の力が及びつつあり、既存の考え方にとらわれずに、限りある天然資源や農業技術に頼らないで、恒久的に供給できる仕組み作りが開発・実用化されています。

上記するインターネット、IT、人工知能(AI)、IoTによる技術革新は、いったん始まると、既存の考え方や常識が通じない速さで、加速化して実行されます。

新技術によって開発・実用化されたものが、個人、企業、社会で受け入れらるかどうかは、その使用コストが合理的なものになるかで決まります。

たとえば、無尽蔵エネルギーである太陽光の活用は、以前からありました。太陽光発電や自然界にある光合成技術の開発・実用化は、技術的には目途が付きつつありあります。

残った課題は、実用的なコストの実現です。

人口肉も同じような状況になりつつあります。

ここに国内外のベンチャーや中小企業が、中堅・大手企業と連携・協業(アライアンス)する形で、オープンイノベーションのやり方を取り入れて行えれば、大きな新規事業機会が生まれます。

国内の大手メーカーの中には、今後、急減する事業環境下で競争力を維持強化するために、ベンチャーや中小企業を含めた、オープンイノベーションのやり方を取り入れていく必要性を感じています。

たとえば、本日の記事にありますトヨタ自動車は、従来であれば、典型的な数直統合方式によりすべて自社のリソースで、新商品の開発・実用化を行う姿勢をもっていました。

自動運転機能付EVの開発・実用化の世界的な動きは、このトヨタの経営のやり方を根本から変えていますし、変えていかなれば、トヨタも事業継続が難しくなります。

国内のベンチャーや中小企業は、特定分野で圧倒的な技術やノウハウをもつことが、オープンイノベーションに参加できるための条件になります。

国内にいわゆるIT・AIベンチャーをもつ標榜する企業が、多く存在します。率直に申し上げて、これらのベンチャーや中小企業の中には、一種の広告宣伝やマーケティング目的で、徹底的な差別化・差異化を実現する技術やノウハウ無しに、当該企業であることを標榜している会社もあります。

これからは、真に実力をもっているベンチャーや中小企業には、大きな新規事業機会が生まれますので、特定分野での差別化・差異化を実現する技術やノウハウの育成強化が重要になります。

よろしくお願いいたします。

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「経営戦略」のコラム

このコラムに類似したコラム