100年住宅と100年時代の人生戦略 - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

野瀬 有紀子
野瀬 有紀子
(一級建築士 インテリアコーディネーター)
遠藤 浩
遠藤 浩
(建築家)
野平 史彦
(建築家)

閲覧数順 2021年07月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

100年住宅と100年時代の人生戦略

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
ライフスタイル論

既に話題の「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」の本がありますが、長寿・高齢社会を迎えた現在では「終の棲家」へのシフトも考えなくてはなりません。


住宅を100年住宅として設計する際は、主要構造などの簡単に変更できない部分と、簡易メンテで取り換えられる部分などに分ける必要があります。また、電化製品も故障した後に入れ替えられる動線やスペースが重要ですね。


2~3世代受け継ぐ家にするにはメンテなど長期計画を立てることがポイントになるので、外壁・屋根・コーキングなど耐用年数や費用なども知っておくと安心です。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

子育て住宅から高齢者・障がい・車椅子住宅までやすらぎの空間を

医者に外科・内科等があるように、建築士に介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?人生100年時代を迎えた今、子育て住宅から高齢者・障がい・車椅子住宅など終の棲家まで、ライフステージを考えた安心して暮らせる機能的な住まいを一緒に創りましょう

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフスタイル論」のコラム

RC-Z工法 コンクリート打設(2017/09/25 23:09)

宅配ボックスの必要性(2017/07/17 07:07)

このコラムに類似したコラム

5月度YAHOO!知恵袋への回答 斉藤 進一 - 建築家(2021/05/05 08:00)

4月度YAHOO!知恵袋への回答 斉藤 進一 - 建築家(2021/04/10 00:00)

耐震診断で住まいの状態を知る 斉藤 進一 - 建築家(2017/06/26 09:00)

リビング・ダイニングの変化 斉藤 進一 - 建築家(2017/03/13 07:00)

無垢材は高いどころか、コストパフォーマンスが良い 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2014/03/10 03:51)