自分にとって“歯がゆい”人 - 社会保険労務士業務 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)

閲覧数順 2017年10月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自分にとって“歯がゆい”人

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 社会保険労務士業務
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 私の思い・考え
 上司、部下、友人、家族、その他自分の周囲にいる他人を見ていて、「もっとこうすれば良いのに」と歯がゆく感じることは良くあると思います。

 先日クライアントと雑談している中で、必要以上に仕事とプライベートの線引きを主張して、周りから浮いてしまいがちになる社員がいるが、どう接したらよいだろうかと言う話が出ました。決して社交性や協調性が無い訳ではないし、もっと自然体でいれば本人にとってもプラスになることが増えるだろうと、折を見ていろいろな働きかけやアドバイスをしているそうですが、かたくなでなかなか受け入れようとしないのだそうです。何とか本人の考え方を変えられないだろうかということでした。

 これを自分が言われる側になったとして考えた時、その働きかけやアドバイスを受け入れるかどうかは、結局自分のその時の問題意識や価値観に合っているかどうかで決めていると思います。そもそも人間は、自分のその時の問題意識や価値観に合う事象を選択的に捉えます。受け入れられる幅に個人差はありますが、どんな人でも基本は同じです。自分の価値観に合わないことは、基本的に排除しているはずです。その価値観には、その人の生い立ちや家庭環境、個人の性格、職業観、人生観という所まで関わりますから、そう簡単には変わりません。

 自分の考え方が変わることがあったとして、そのきっかけは本で読んだ内容だったり他人のアドバイスだったりいろいろでしょうし、人との出会いや生活の変化など、偶然の要素に左右されることもありますが、結局自分で変わろうと納得して行動しています。他人にとって価値があることでも自分にとってそうとは限りませんし、逆も同じですから、他人を変えようとしてもそう簡単にいく訳がありません。

 結論としては月並みですが、相手の価値観も認め、変わらなくても仕方ないと思いながら、きっかけとなる刺激は与え続けるという根気が必要なのだと思います。他人が良い方向に変わる手助けができたとしたら、それは自分にとっても大きな経験になると思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム