法人契約の生命保険の考え方 - 生命保険の加入・見直し - 専門家プロファイル

「保険と金融」の相続総合研究所 
東京都
研究員
050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:生命保険・医療保険

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年10月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

法人契約の生命保険の考え方

- good

  1. マネー
  2. 生命保険・医療保険
  3. 生命保険の加入・見直し
生命保険 生命保険

法人契約の生命保険

 

突然のアクシデントに対し「お金の流れ(キャッシュフロー)を平準化」

 

・解約払戻金は以下のようなニーズに対応します。

(ただし、解約払戻金は「貯まった金額」での対応になります)。

 ★ 契約者貸付(会社の資金が一時的に苦しくなった場合)。

 ★ 払い済み。(保険会社と保険金額に注意)。

 ★生存退職金。(勇退時の生活原資の確保。退職所得控除が使えます)。

  生存退職金は時間とお金を事業に全力投球してきた社長にとって、

  唯一の回収手段です。

 

・保険金は以下のようなニーズに対応します。

 「社長に万が一」のことがあった場合に…備えることができます。

★ 買掛金や未払い金などの支払い原資。

★ 会社を撤退する場合にかかるコストの原資。

★ 事業を継続する場合の原資。

★ ご遺族など、ご家族様へ(死亡退職金。死亡退職金の非課税枠が使えます)。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 研究員)
「保険と金融」の相続総合研究所 

突然の相続で…困っていらっしゃいませんか?

突然の相続で…「株式や投資信託を相続して」困っていらっしゃる方。多額の生命保険金を受け取って戸惑っていらっしゃる方。お気軽に、ご相談ください。

050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「生命保険」のコラム

間もなく開票(2017/10/22 18:10)

まさかペスト?(2017/10/21 22:10)

このコラムに類似したコラム

養老保険の基礎知識 高橋 成壽 - ファイナンシャルプランナー(2014/09/04 07:00)

標準利率改定でも慌てて保険に入らないほうがよい 久保 逸郎 - 老後のお金の不安解消アドバイザー(2017/03/21 15:39)

執筆しました&載りました 大泉 稔 - 研究員(2016/07/18 08:21)

【金融庁も手数料稼ぎに目を付けている!】円高でも外貨建て保険には入ってはいけない 久保 逸郎 - 老後のお金の不安解消アドバイザー(2016/07/08 12:26)

ソンする保険、トクする保険とは 矢崎 雅之 - ファイナンシャルプランナー(2015/07/18 12:00)