モデルボディメイク - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

モデルの洗練された体型は
太る痩せるの問題ではありません。
仮にそうであれば痩せればみんなモデルになってしまいます。

モデルはモデルにしかない3つの特徴があります。

●骨盤が地面に対して真っ直ぐ(垂直に立っている)

→力学的にも立つ、歩く動作で脚への負担がかからず
脚に不要な筋肉、脂肪が付きづらくなっています。

反対に下半身で悩む女性の90%は
骨盤が前後に傾くシルエットをしています。
「骨盤前傾」

  • 日常生活でも太ももがパンパンになる
  • ヒップにボリュームが出る
  • 足首は細いが、シシャモのように
    ふくらはぎの筋肉が盛り上がる
  • お腹がオットセイのように出る

「骨盤後傾」

  • 膝上にお肉が付きやすくなる
  • ヒップがペタンコで太もも後ろとの境がない
  • 足首にメリハリがない
  • 食べなくても下腹が常に出ている

骨盤の前後の傾きがあるままでは
10キロ痩せても下半身の悩みは解消されません。
骨盤が地面に対して真っ直ぐなシルエットを作ることで
痩せた後に残るシルエット上不要な筋肉を減らしていき、
モデルのような棒脚を作ります。

●足首の角度を鋭角にする

→体型の中で一番に痩せにくいと言われるのはふくらはぎです。

ふくらはぎが太くなる原因としては下記です。

  1. 脂肪が付いて太くなる
  2. 筋肉がついて太くなる
  3. 両方で太くなる

1の場合は単純なダイエットで比較的簡単に対応できます。
実は最も多いのは
2と3の筋肉で太くなっているケースです。
この場合はいくら基礎代謝を増やしても、
脂肪が減っても太いままなのです。

ふくらはぎを直接動かすエクササイズをしてしまえば
さらに太くなることは容易に想像できます。

ふくらはぎの筋肉を減らすには?
筋生理学の性質「使わなければ退化していく」特徴を
フルに使っていくことです。

しかし、現実的にも立つ、歩くだけで
ふくらはぎは使われてしまいます。
このことがふくらはぎ痩せが難しいと言われる理由でしょう。

結論、ふくらはぎを使わない
立ち方、歩き方に変えてあげることです。

  • 重心位置を踵よりにずらし、地面を蹴らないようにする
  • 腕の振り方による連動でふくらはぎの負担を減らす

などの方法がベストです。

「意識して~」というレベルではなく身体構造上
無意識で使われなくすることで
ふくらはぎ痩せは可能になります。

●首が地面に対して真っ直ぐ立っている

肩幅が広い、なで肩
どちらも首が短く見え顔のサイズを大きくしています
小顔の印象を作るには
肩周りの筋肉を限りなく減らす
必要があります。

女性は元々、肩幅が狭く、少し重いものを持つと
肩周りの筋肉が発達しやすくなります。
ダイエットできつい筋トレをしてムキムキになった…
という悩みが絶えない理由と言えます。

首の位置を調整することで肩周りにかかる負担を減らし
スッと伸びた首を作ることで、
実質的な小顔、華奢な印象を作っていきます。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー

このコラムに類似したコラム

空前のペタンコ靴ブーム! 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/06/15 11:00)

横から見たら膨張 「下腹×ヒップの下半身太り」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/09/06 15:00)

「背中ポッチャリ、の若返り」2つのポイント 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/08/25 23:00)

「背中ポッチャリ、の若返り」2つのポイント 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/08/21 13:00)

35歳から「痩せる=下半身痩せ」にならない原因 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/08/19 16:00)