不正を「社長に指示された」ら、どうすればいい? - コンプライアンス研修 - 専門家プロファイル

パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表
東京都
コンサルタント・研修講師・講演講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:顧客満足・コンプライアンス研修

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不正を「社長に指示された」ら、どうすればいい?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 顧客満足・コンプライアンス研修
  3. コンプライアンス研修
日常を哲学する

東芝社長、パソコン会計でも責任(日経朝刊)-もし言われたら、あなたはどうする?

東芝の不適切会計。
この不正問題、社長が実質的に指示していた、と新聞には書かれています。

(引用開始)
東芝の不適切会計を調べている第三者委員会は、近くまとめる調査報告書で経営陣の責任を追及する。
田中久雄社長については、インフラ部門で損失計上の先送りを実質的に指示していた事実を把握。
パソコン事業の不適切な会計処理でも責任が大きい点を指摘する見通しだ。
期間損益が実態より押し上げられていたにもかかわらず、適切に対処してこなかった。
(引用終わり)日本経済新聞(朝刊) 2015/7/12

組織で上司に逆らうことはご法度。
特に社長や役員には。

もし、あなたがそんな立場に追い込まれたら?
あなたに「ビジネススキル」がいくらあっても、たぶんそれは役立ちません

全文はこちら→ クリック

(無断転載や無断複製禁止)
 中沢努  「人間としてのコンプライアンス原論」の内容をコラム用に書き換え

※ これは、弊社が行っている教育やコンサルティング で実際に使用しているものです。
(クリックで別サイトが開きます)


コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ 、http://pensee-cmp.com/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / コンサルタント・研修講師・講演講師)
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

これまでの20年で見えてきたのは、「小さいこと」を変えないままで「大きいこと」を変えようとする企業の姿。私が教えるのは「なぜ、そうなるのか」ということです。当たり前のことができていないことを気づかせ、どうしたら良いかを考えさせます。

カテゴリ 「日常を哲学する」のコラム

このコラムに類似したコラム

オーナー系企業のコンプライアンス課題 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/06/17 10:57)

コンプライアンス教育で全ての社員に伝えるべきフレーズ(1)「数字を追うのは・・・」 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/06/16 09:54)

コンプライアンスリーダーが覚えておくべきフレーズ(1)「必要なのは・・・」 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/06/16 08:40)

コンプライアンス社内研修のやり方 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/06/14 08:47)

コンプライアンス、700件のデータ 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/06/13 10:57)