景観計画を考える その1 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

野瀬 有紀子
野瀬 有紀子
(一級建築士 インテリアコーディネーター)
野瀬 有紀子
野瀬 有紀子
(一級建築士 インテリアコーディネーター)
松永 隆文
(建築家)

閲覧数順 2020年10月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

景観計画を考える その1

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
ライフスタイル論
先週末、埼玉県草加市における景観計画についての説明会が設計・施工者に対して行われました。

草加市といえば「せんべいの街」で昔、日光街道の宿場町でもあったため、松並木や旧家屋など文化財が沢山あります。

一方で都心からも近い場所柄、マンションや分譲住宅などの開発も進み、街の景観はバラバラになってきました。

そこで数年前から市民と役所が一体となって街づくりや草加宿の復元など、条例づくりのための計画を盛んに行ってまいりました。参考にした街は「小江戸 川越」も含まれています。(画像下は川越の案内図)

平成20年10月1日施行の条例では、今後確認申請を出す物件すべてに適用される色彩審査と大規模物件に適用される''形態・意匠と色彩''審査があります。

驚いたのは指定色彩色です。アースカラーが基本とされ、マンセル表色系の約115色が決められています。(画像上)

シンプルモダンでガルバリウムの一部をビビッドな赤にしたり、南欧プロバンス風の''カラー瓦''にしたりはできない時代となりました。

この色彩に限定されるのは私も最初は反対でしたが、数十年後を考えた街並みを考えると良いことなのかもしれませんね。。

次回は、話に出た「小江戸 川越」の伝統的街並みをご紹介いたします。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

子育て住宅から高齢者・障がい・車椅子住宅までやすらぎの空間を

医者に外科・内科等があるように、建築士に介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?人生100年時代を迎えた今、子育て住宅から高齢者・障がい・車椅子住宅など終の棲家まで、ライフステージを考えた安心して暮らせる機能的な住まいを一緒に創りましょう

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフスタイル論」のコラム

RC-Z工法 コンクリート打設(2017/09/25 23:09)

宅配ボックスの必要性(2017/07/17 07:07)