新設法人と消費税 - 税金全般 - 専門家プロファイル

大手町会計事務所 代表税理士
東京都
税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

新設法人と消費税

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 税金全般
税金

2年前の事業年度の課税売上が1000万円以上、

あるいは、資本金1,000万円以上の新設法人の場合、

消費税の納税義務があります。


しかし、上記以外でもあえて課税事業者を選択する場合もあります。


新設法人で資本金が1000万円未満であっても、

設備投資額が大きく、

消費税が還付される場合にはあえて消費税の課税事業者となり、

消費税の還付を受けることができます。


以前この制度を利用し、

マンション建設の消費税還付を目的とした方法が流行りました。


さすがに平成22年の税制改正で

このスキームは封印されました。


通常課税事業者を選択しますと最低2年間納税義務者になりますが、

100万円以上の固定資産を購入した場合、

購入した事業年度開始日から3年を経過する日の属する課税期間、

つまり、3年ないし4年は課税事業者から逃れることができません。


また、課税売上割合が著しく変動した場合も

仕入税額控除の調整が行われ、

マンション建設の消費税還付スキームは意味がなくなりました。


しかし、課税売上があまり変更がない場合は、

4年間課税事業者であってもトータルで還付となる場合もあり、

将来の事業計画がある場合は、

シミュレーションをし、検討することも価値があるでしょう。


例えば、今はやりの太陽光発電などの事業は

最初に大きな設備投資があって、

その後の収支は見通しが立てやすいので

比較的検討しやすい事業かもしれません。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
大手町会計事務所 代表税理士

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「税金」のコラム

認知症と家族信託 その2(2017/09/14 12:09)

認知症と家族信託 その1(2017/09/12 11:09)

海外赴任中の住民税(2017/08/08 13:08)