昨年のボーダー……今年は似合わない!? - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー
080-3426-1039
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

昨年のボーダー……今年は似合わない!?

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット
先日のコレクションでも
やはり話題に上がっていたのは
ボーダーファッション

ボーダーは「誰でも似合う」
女子必須の1枚ですね。




ボーダーが好まれる理由
日本女性体型の観点で言うと
肩が若干内に入る」こと。

これは
シルエット上肩幅が狭く見える為
縦長のシルエット」になります。

これがボーダー体型の
ベストスタイルです。





近年は肩が入り過ぎる傾向
肩が内側に入ると
肩甲骨を外に開こうとします。

この「肩甲骨が外に開く」ことは
肩幅を広げる(いかり肩になる)
原因になります。

しかし
普段は「脇腹の伸び縮み」によって
肩甲骨が開かないように
調節されています。




あれ?肩幅広くない!?と感じる女性へ
柔軟性は年々減少していきます。

特に脇腹は動かしにくい部分。
最も早く硬くなります。

太ってないのに、なぜか
昨年のボーダーが似合わない!
肩幅がキツイ!
これは脇腹に原因があります。

再ボーダーエクササイズ

写真のように左脚を90度に折り
右脚を伸ばします。


右手をバンザイして
左へ倒します。

5秒キープして
始めの姿勢に戻ります。
5回ほど繰り返しましょう。

今年は1番おしゃれな春にしたい!
女性はお試しください。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー

080-3426-1039
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

「厚着で細身!」を叶える2つの方法 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2014/12/18 15:00)

あなた専用O脚改善プログラム作成 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/10/14 10:00)

女性ファッション誌「saita」監修掲載 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/06/07 11:00)

TPO対策!セットアップの棒体型 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/03/31 11:00)

フェイクムートンの腰周り 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/02/11 11:00)