負荷をかけない姿勢は、だらっとするのとは違います - 姿勢・ウォーキング - 専門家プロファイル

YURUKUウォーク 代表取締役
東京都
マスターウォーキングインストラクター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

負荷をかけない姿勢は、だらっとするのとは違います

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. 姿勢・ウォーキング
Noriko式ウォーキングのBjウォーキングスクール代表Norikoです。

体に負荷をかけずに立ち力を抜いて歩く
そんな表現をよくしていますが
ただただ  だら~んとするわけではありません。

みなさんはだら~んと力を抜いた姿勢ってどんな姿勢をイメージされます?

頭が前に垂れ背中を丸めているいわゆる猫背の姿勢ではありませんか?

なぜだら~んと力を抜くとこの姿勢になるのかおわかりですか?


筋肉には屈筋と伸筋とがあるのですが
頭が前に垂れた状態で言うと首の前にある広頸筋(こうけいきん)などの屈筋が首の後ろにある僧帽筋などの伸筋を引っ張っています。
背中を丸めた状態で言うと胸にある大胸筋などの屈筋が背中にある僧帽筋などの伸筋を引っ張っています。
屈筋がぐいーっと体が閉じる方向へ引っ張っているのです。
そんなに頑張っている屈筋なのですが痛みを感じにくいため
なんとなくその状態が楽なような気がするだけ。

ところがしばらくその姿勢を続けていると辛くなってきませんか?
首の後ろや肩や背中が。
そうです。屈筋とは異なり伸筋は弱い筋肉なので痛みなどを感じやすいからです。

結局その、だら~んと力を抜いたかのような姿勢をとり続けることは
屈筋を縮めたまま伸筋を伸ばしたままでいるということなのです。
どちらも負荷をかけている状態です。
どんどんどんどん筋肉は固くなっていきます。

そうなるとさらに屈筋は強力に体を閉じる方向へ引っ張り
伸筋はカチカチに凝って痛みが強くなるというわけです。

肩こり首こり腰痛
ぜんぶこの状態。

それなのに
胸を張るなど筋肉に負荷をかけて立ったり
力を込めて筋肉に負荷をかけて歩くこうとしてしまう人が多い‥。
屈筋も伸筋もガチガチなのに‥。
形だけをとりあえず良くするだけでは楽な体は手に入りません。

私がなぜ筋肉をゆるめ負荷をかけずに立ち力を込めずに歩くウォーキング法を行っているかというと
楽な体を手に入れるため。いくつになっても自分の足で歩くため。

自分で動けることで幸せになるのは自分だけではないと思うのです。
私は50歳間近です。子供も大きくなり巣立つ準備段階。
だから余計にそんなことも考えるのです^ ^


東京•少人数ウォーキングセミナーはこちら
大阪での個人セッションはこちらインストラクターコース東京2期はこちら東京での個人セッションはこちら
名古屋での個人セッションはこちら
Bjウォーキングスクール・レッスン情報

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マスターウォーキングインストラクター)
YURUKUウォーク 代表取締役

歩くことは生きること~生きる喜びをともに!!

私達YURUKUウォークは☆健康に過ごしたいが、何をやっても改善されない☆ジムに通ったけど、続かない☆シニア世代なので頑張るトレーニングは辛い方の為に、筋肉を緩め、正しく立ち歩くケアを教授しております一生涯のウォーキングを身につけます!

このコラムに類似したコラム

モデルさんは大変! Noriko - マスターウォーキングインストラクター(2013/10/31 11:47)

出会いを大切にしたい Noriko - マスターウォーキングインストラクター(2013/12/11 10:33)

歩幅は勝手に広がります Noriko - マスターウォーキングインストラクター(2013/12/01 08:00)

⚫︎歩くとき 足に意識を持っていってませんか? Noriko - マスターウォーキングインストラクター(2013/11/25 08:45)

Bjウォーキングスクール お気楽 忘年会 Noriko - マスターウォーキングインストラクター(2013/11/23 09:45)