ゴルフスイングに必須の下半身-足裏を鍛える - 各種のヨガ・ピラティスレッスン - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター 社会福祉士)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター 社会福祉士)
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)

閲覧数順 2021年07月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ゴルフスイングに必須の下半身-足裏を鍛える

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. 各種のヨガ・ピラティスレッスン
ゴルフピラティス

こんにちは。ゴルコア(港区芝大門)代表/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

 

今日は、ゴルフスイングに必須の下半身トレーニング。

まずは土台となる足裏。

足裏には縦と横のアーチがあります。

今日は横のアーチを鍛えていきましょう。

横のアーチができると、拇指球、小指球、踵の3点で床を踏みしめられるようになるので、とても大切です。

 

1.足の指を開く、とじるを10回繰り返します。

特にとじるをしっかり行いましょう。

2.足の指でグー、チョキ、バーを10回行います。

チョキは親指を立ててそれ以外の4本をにぎります。

さらに逆チョキ。親指だけ握って他の4本を立てます(これが難しい・・・)。

3.足の甲を床と垂直にし、足の指を床に押し付けます。シッカリ息を吐きながら足の甲と指をストレッチ。

4.同様に足の指の腹を床に押し付けてストレッチ。

5.3と4を5回繰り返す。

 

簡単な動きですが、これがとても大切です。

5本の足の指をしっかり開いたりとじたりすることで、横のアーチヶしっかり形成されてきます。

そうすると、外側に逃げやすい体重を、しっかり拇指球で受け止めることができるようになってきますので、毎日欠かさず行ってください。

 

 

コラムに関するお問合せその他全て、下記までお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」

場所:東京都港区芝大門1-4-7アルファビル602

都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分 JR山手線・京浜東北線浜松町駅から徒歩5分

TEL/FAX: 03-6809-2626
お問い合わせ先:info@golcore.com (@は小文字にして入力ください)

Web:http://golcore.com

Blog:ゴルファーのためのカラダづくり『ゴルフピラティス』

このコラムに類似したコラム

ゴルフスイングに必須の下半身-足指を鍛える 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/09/19 12:21)

ゴルフスイング時にお腹が緩まないためのゴルフピラティスその3 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/11/20 22:36)

腰痛ゴルファー必見!!足の第5指をよくほぐしましょう! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/11/11 20:09)

11/30土開催!JAPICA資格者向け【ゴルフスイングの基礎ピラティス】 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/11/15 22:33)

第2回「ピラティス&メンタルゴルフレッスン会」-ピラティス&メンタル講義 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/11/10 18:54)