ゴルフスイングに必須の下半身-足指を鍛える - 各種のヨガ・ピラティスレッスン - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター 社会福祉士)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター 社会福祉士)
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)

閲覧数順 2021年07月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ゴルフスイングに必須の下半身-足指を鍛える

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. 各種のヨガ・ピラティスレッスン
ゴルフピラティス

こんにちは。ゴルコア(港区芝大門)代表/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

 

先日ご紹介したゴルフスイングに必須の下半身トレーニング、足指ピラティス

足裏の横のアーチ形成のために毎日行ってくださいとお伝えしましたが、続けていますか?

継続が力なりという言葉通り、毎日続けることが大切ですので、頑張ってください。

 

今日はさらに足指を鍛える第二弾としてタオルのギャザリングです。

 

1.椅子に座るまたは立位でつま先の前にタオルを縦長に置きます。

2.タオルの手前側に両足を乗せて、両方の足指でタオルをつかんで手繰り寄せます。

3.タオルの端から端まで、頑張ってつかみましょう。1日3セット行います。

 

私はこのギャザリングがとても苦手で、ほとんどタオルを握ることもできず、全く手繰り寄せられませんでした。

しかし、毎朝1回なのですが、続けた結果、少しずつできるようになってきました。

それと同時に、足の指も開くようになり、何よりもうれしいのは、左足首の腫れが引いてきたことです。

 

左腰が悪いため、ゴルフスイング時に左腰をかばうため足首に負荷がかかり、すごいことになっているのですが、足指が動くようになってきたと同時に、横のアーチが形成され、つぶれていた足関節の腫れが引き、少し正しい位置に修正されてきています。

まだまだ完全でありませんが、日々の結果です。

 

みなさんも是非がんばってみてください。

 

 

コラムに関するお問合せその他全て、下記までお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」

場所:東京都港区芝大門1-4-7アルファビル602

都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分 JR山手線・京浜東北線浜松町駅から徒歩5分

TEL/FAX: 03-6809-2626
お問い合わせ先:info@golcore.com (@は小文字にして入力ください)

Web:http://golcore.com

Blog:ゴルファーのためのカラダづくり『ゴルフピラティス』

このコラムに類似したコラム

ゴルフスイングに必須の下半身-足裏を鍛える 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/09/15 20:56)

ゴルフスイング時にお腹が緩まないためのゴルフピラティスその3 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/11/20 22:36)

腰痛ゴルファー必見!!足の第5指をよくほぐしましょう! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/11/11 20:09)

ピラティス付ラウンド-サンヒルズCC-中心軸&下半身安定 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2014/08/02 23:21)

池袋コミカレ【ゴルフ体幹トレーニング】4/4(金)スタートしました 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2014/04/05 14:17)