従業員の刑事事件 - 労働問題・仕事の法律全般 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:労働問題・仕事の法律

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年02月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

○従業員の刑事事件

事業場内で行われた業務に関連する場合、純然たる私生活での非行、その両者の複合または、中間的な場合に、場合分けできる。

 

起訴休職は、「刑事事件の判決が出るまで(または、刑事事件の判決が確定するまで)の間、労働者を就労させることが適切でない場合に、就労を一定期間禁止または免除すること」

 

刑事事件の有罪判決が確定した場合に、使用者が行う懲戒は、上記場合分けに分類して考えればよい。

このコラムに類似したコラム

即時解雇が可能な場合(労働基準法20条1項ただし書) 村田 英幸 - 弁護士(2013/08/09 09:05)

退職証明書、解雇理由証明書(労働基準法22条)の詳細 村田 英幸 - 弁護士(2013/08/09 07:55)

従業員に対する電子メール検査 村田 英幸 - 弁護士(2013/08/04 11:33)

休職と労務の提供 村田 英幸 - 弁護士(2013/08/03 08:37)