使用者の懲戒権の有効要件(労働契約法15条) - 労働問題・仕事の法律全般 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:労働問題・仕事の法律

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
田中 圭吾
(行政書士)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

使用者の懲戒権の有効要件(労働契約法15条)

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 労働問題・仕事の法律
  3. 労働問題・仕事の法律全般

○使用者の懲戒権の有効要件(労働契約法15条)

判例の懲戒権濫用規制法理を立法化したもの

ア 就業規則における懲戒処分の根拠規定がある場合

イ 懲戒事由の存在

ウ 懲戒処分の内容の相当性

エ 手続の相当性

・懲戒事由の説明(告知)

・弁明の機会の付与

・平等取扱いの原則

・比例原則

・適正手続の原則

このコラムに類似したコラム

辞職、辞職の自由(強制労働の禁止) 村田 英幸 - 弁護士(2013/08/01 05:56)

解雇権濫用規制(労働契約法16条) 村田 英幸 - 弁護士(2013/07/31 09:06)

変更解約告知 村田 英幸 - 弁護士(2013/07/31 04:22)

退職・解雇の種類 村田 英幸 - 弁護士(2013/07/29 10:59)

「社会保険労務士 必修テキスト」その7 村田 英幸 - 弁護士(2013/02/05 15:03)