退職・解雇の種類 - リストラ・不当解雇 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:労働問題・仕事の法律

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年02月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

退職・解雇の種類

 

退職事由の根拠は、就業規則、労働協約、労働者との個別契約などがあり、労働契約の終了事由として、以下の種類がある。

 

 また、解雇について、解雇権濫用禁止(労働契約法16条、15条)が問題とされる。

・雇用契約期間満了

 有期雇用労働者の雇用契約期間満了、雇い止め(H24年改正労働契約法19条)

(自動的に効力が生じるもの)

・定年、高年齢者雇用安定法(H24年改正)

・休職期間満了。なお、休職による解雇という方法による場合もある。

・試用期間、ただし、解雇権濫用禁止の適用あり。

 

(労働者側の都合)

・辞職

 

(労使双方)

・合意退職

 

(会社都合)

・普通解雇

(会社の経営上の都合、労働者側に非がない場合)

・整理解雇

(労働者に非がある場合)

・懲戒解雇

 

(当事者の消滅)

・労働者の死亡

・会社の解散

など

 

・なお、就労開始前であるが、内定取消しが問題となる。

 

・ユニオン・ショップ条項による労働組合からの解雇要求

・転籍、転籍出向村田

このコラムに類似したコラム

解雇権濫用規制(労働契約法16条) 村田 英幸 - 弁護士(2013/07/31 09:06)

辞職、辞職の自由(強制労働の禁止) 村田 英幸 - 弁護士(2013/08/01 05:56)

懲戒解雇 村田 英幸 - 弁護士(2013/07/28 14:37)

ビジネス法務2010年8月号、労働法 村田 英幸 - 弁護士(2013/11/01 17:05)

高年齢者雇用安定法の平成24年改正、その5 村田 英幸 - 弁護士(2013/08/30 12:53)