再現「アンジェリーナのいくらトースト」 - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

水島 弘史
水島 弘史
(料理講師)
大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
大庭 麗
(料理講師)
千葉 真奈
(料理講師)

閲覧数順 2017年02月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

再現「アンジェリーナのいくらトースト」

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室


料理講座で、「ますの卵」を使いました。いくらの小型版といったところ。
この素材を使うたびに思い出すのは、昔むかし、20年以上も前に行ったパリ旅行でのこと。

それは初めてのパリでした。ご多分に漏れず、シャネルご用達「アンジェリーナ」に友人とともに行ってみました。モンブランがとても有名なサロン・ド・テです。
ちょうどお昼だったので、トーストを頼むことに。

メニューを見て、ぱっと目に付いたのは
「スモークサーモンとスクランブルエッグのトースト」。
おいしそう! 注文してみました。
しばらくして「さあ、どうぞ! Voila!」
と目の前に置かれたのは・・・
なんとそれは、いくらが一面にのせられたトースト!
「え、頼んでませ・・」
ん、と言いかけて、はっと気がつきました。
今にもましてフランス語がおぼつかなかった頃のころ
私は勝手に「卵とサーモン oeuf et saumon」つまりスクランブルエッグとスモークサーモン
だと思い込んだのですが、それはじつは
「サーモンの卵 oeufs de saumon 」
だったのです。自分の思い込みの激しさにも驚きましたが、何よりびっくりしたのは、トーストにいくらを乗せるという発想です。
あまりのおもしろさにうけてしまい、しばらく二人で下を向いて笑っていました。味がどんなだったか、記憶はまったくなかったのです。

そして今回、ますの卵が余ったので、再現してみようかと思い立ちました。
トーストを焼き、バターをたっぷり塗って、ますの卵を広げました。

フランス人はあのぷちぷちっとした、口の中ではじけるような食感があまり好きでない・・と聞いたことがあります。しかしトーストにいくらって・・いくらなんでもヘンな組み合わせ。

食べてびっくり。とてもおいしいのです。バターの風味と塩気があいまって、なんともおいしい。キャビアをブリニにのせて食べる感覚に似ています。魚卵ですから、考えてみたら似ているのも当たり前。

想像以上のおいしい組み合わせでした。充分アリ!
次回、何かの折りに講座でお出ししたいと思っています。乞うご期待。

このコラムに類似したコラム

ご用意したフロマージュは、本家本元! 宮代 眞弓 - 料理講師(2013/10/28 09:44)

ワサブローさんのシャンソンを聞きに京都へ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/05/22 19:40)

キャラメリアとピスタチオのアントルメ講座にて 塚本 有紀 - 料理講師(2012/12/05 23:01)

パトリック・テリアンシェフ特別講座のお知らせ 塚本 有紀 - 料理講師(2012/09/07 22:19)