ワサブローさんのシャンソンを聞きに京都へ - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
平岡 美香
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
水島 弘史
(料理講師)
千葉 真奈
(料理講師)

閲覧数順 2017年02月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ワサブローさんのシャンソンを聞きに京都へ

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室

誘ってくださる方があり、ワサブローさんのシャンソンを聞きに、京都に行ってきました。

ワサブローさんは京都出身、NHKでも歌われ、もう30年以上もパリを本拠に活躍されているシャンソン歌手です。
ワサブロー
http://www.wasaburo-paris.com/

フランス語のシャンソンに続き、日本語のおもしろい歌が始まります。バスルームに行くと、象がシャワーを浴びていて、『ヌガーをくれ』と言われ、困って旅に出る・・。

ゴエモンという唄のゴエモン goemonとは、ルパンにでてくる五右衛門ではなくて、フランス語で「海藻」。赤いゴエモンがゆらゆらとゆれる姿を大好きな女性にたとえ・・。
歌詞をワサブローさんが京言葉でひどく楽しく解説してくださったのですが、分かっていても、
「ゴエモーン、ゴエモン」
と聞こえてくると、おかしくてたまりません。そして女性をわかめに例えるというフランス人も、日本人的にはちょっと「ふーん、そうなの・・・」とちょっと妙な感じです。

そしてエディット・ピアフの「愛の賛歌」
始めて歌詞の意味を知りました。深く、激しい、愛の歌。
若い時は、この歌がお嫌いだったのだそうです。
先に日本語(といっても京都の言葉)で意味を、たぶん意訳も含めて深く、楽しく、そして切なく解説してくださったあと、ワサブローさんの魂の叫びのような歌声で聞かせてくださいました。
とても楽しく、かつ心震える夜でした。

このコラムに類似したコラム

ポトフのポとは? 2月の料理基礎講座にて 塚本 有紀 - 料理講師(2012/02/23 00:12)

トロピカルとエキゾチックのその後  塚本 有紀 - 料理講師(2013/08/26 22:52)

「今月のフランス焼き菓子」記事はバカンスのお菓子 塚本 有紀 - 料理講師(2013/08/15 23:08)

食紀行 フランス編⑥ 坂本 孝子 - 料理講師(2013/08/08 17:26)