メレンゲを上手に泡立てる 5月の製菓基礎講座のお知らせ - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
廣瀬 ちえ
(料理講師)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

メレンゲを上手に泡立てる 5月の製菓基礎講座のお知らせ

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室
5月の製菓基礎講座のお知らせ

ダコワーズを使った、グレープフルーツのケーキ
5月18日(土)あるいは20日(月)13:00より


今月の主題は「メレンゲを上手に泡立てる」です。
お菓子作りにおいてかなり大切な主題。卵の温度や新鮮さ、道具、季節、泡立ての速度、砂糖の量などなど、いろいろなことがメレンゲの強さや保ちに影響してきます。
お菓子作りは大好きだけど、メレンゲは「なんとなく自信がない・・」
とお感じの方、ぜひお気軽にお越しください。
卵白の特性を知り、コントロールできるようになれば、作るお菓子に合わせてその強弱が調整できるようになります。

メレンゲを使ってヴァシュランを焼き、フランボワーズのソルベを詰めます。
ヴァシュランとは同名のチーズの名前ヴァシュラン・モンドールのことで、形が似ているのでそう呼ばれます。

さてまず授業では本来のダコワーズも味わっていただきたいので、クラシックにコーヒー味のバタークリームを挟んだスタイルを作ります。少々重たいのですが、発酵バターを使ったバタークリームのおいしさをぜひ! と思っています。

ただしお家のご家族に「重たい!」と思われたら気の毒なので、実習とお持ち帰りはグレープフルーツを使って、少し軽く仕立てたケーキ(冒頭の写真)にします。





さておまけはアーモンドから作るパン・ド・ジェンヌです。

酸化していないアーモンドの皮を剥くところからスタートし、素朴な焼き菓子を作ります。派手なおいしさはありませんが、雨の日に静かに作りたくなるような味わい深いお菓子です(でも実際は雨が降ると、型抜けが悪くなるので、降らないで!!)

ご参加お待ちしております。
5月18日(土)あるいは20日(月)13:00より
受講料:7500円

どうぞお気軽にご参加ください。(定期講座も単発的にご参加いただけます)お問い合わせはigrek@yukitsukamoto.comまでどうぞ!

このコラムに類似したコラム

ダコワーズとは 5月の製菓基礎講座にて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/05/23 21:58)

ゼラチンを入れ忘れた! 塚本 有紀 - 料理講師(2013/03/29 22:24)

世田谷「雪乃下」へ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/03/06 22:06)

amour ardent 応用クラス1月のレッスンのお菓子 宮代 眞弓 - 料理講師(2013/01/19 16:46)