本田圭佑選手のメンタリティーとヨガ行者 - ヨガ全般 - 専門家プロファイル

辻 良史
筑波大学発ベンチャー(株)サイバー・ヨガ研究所 代表取締役
東京都
博士(体育科学)

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター 社会福祉士)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター 社会福祉士)
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)

閲覧数順 2021年07月29日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

本田圭佑選手のメンタリティーとヨガ行者

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ヨガ全般
無敗脳

株式会社サイバー・ヨガ研究所の辻です。


昨日は、「NHKプロフェッショナル 仕事の流儀」で本田圭佑選手の特集がされていました。


本田選手は、常に前向きに自分を好きになるように務めているようでした。


これは、とても重要で、自分への良いイメージが保てないとスポーツでもビジネスでも何をしてもうまくいかないのですね。


そして、どんな逆境も神様が自分の成長のために与えてくれた試練という発想が根本にあるようです。


ヒマラヤのヨガの行者さんととてもよく似た発想です。


ヨガの行者さんは自分を成長させるためにあえて厳しい環境のヒマラヤ山中を修行場にしています。


サンダルで極寒の中を何千キロと移動していきますから文字通り強靭な精神の持ち主です。


食事にもありつけるかどうかも分からない環境下で瞑想をしますから、禅寺で瞑想をするのとはわけが違います。


武道も江戸時代以前は、足場の悪い外で稽古するのが基本だったようです。


ヨガも同じように外で行われていました。


両方とも室内で行われるようになってから何かが失われてきた気がします。


要は、自分自身を高めたいのならある程度厳しい環境下に身を置かないと成長にも限界がくるということですね。


筑波大学発ベンチャー株式会社サイバー・ヨガ研究所代表取締役 辻 良史

このコラムに類似したコラム

柔術(健康)用のヨガか?バーリトゥード(競技)用のヨガか? 辻 良史 - 博士(体育科学)(2014/01/11 18:39)

ストレスをかければストレスに強くなる! ◎無敗脳ヨガ道場◎ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2012/12/09 07:00)

リラックスして高いパフォーマンスを発揮する方法! - 表情ヨガ - 辻 良史 - 博士(体育科学)(2012/07/04 21:00)

姿勢を正せば、うつが予防できる? - 姿勢と精神の大切な関係 - 辻 良史 - 博士(体育科学)(2012/06/30 22:26)

オリンピックの魔物に負けないメンタルトレーニング - 後編!- 辻 良史 - 博士(体育科学)(2014/03/21 21:53)