寒い時は背中を動かすエクササイズで身体を温めましょう - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター 社会福祉士)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター 社会福祉士)
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)

閲覧数順 2020年09月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

寒い時は背中を動かすエクササイズで身体を温めましょう

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般
ピラティス

おはようございます。ゴルコア代表/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。


今朝も寒いですね。寒いと背中が丸くなりがちですが、寒い時こそ、しっかり背中を動かして身体を温めていきましょう。

肩甲骨周りには「褐色脂肪細胞」があります。この細胞はカロリーをエネルギーとして放出させる働きがあるので、肩甲骨やその周辺の筋肉を動かすことによって活発化し、脂肪を燃やしやすくなり、リンパの流れもよくします。

そのため、血流もよくなり、身体も温まってくるのです。


つまり、背中、特に肩甲骨周りを動かすことによって、代謝アップと血流アップが同時にできてしまうのです!これは嬉しいですよね。

春に向けて薄着になる前に背中の周りをすっきりしながら、姿勢も正していきましょう。


【プレゼンテーション】

1.  両肘を曲げて両脇の横にセット、肘の角度は90度を保ちます。

2.  鼻から息を吸って両手を前に伸ばします。

3.  口から息を吐きながら肩甲骨で両肘を元の位置に戻します。肩甲骨を寄せるように使いましょう。

4.  5回行います。

5.  6回目は両手を前に伸ばす時に斜め前に伸ばしましょう。

6.  息を吐きながらさらに肩甲骨を意識しながら引き寄せます。


肩甲骨とその周りの筋肉をしっかり意識しながら動かします。

肩甲骨を寄せてくるときにはしっかり胸を開きましょう。胸は開きますが、肋骨は閉じておきます。肋骨が開いてしまうと腰が反りやすいので気をつけましょう。


コラムに関するお問合せその他全て、下記までお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」

場所:東京都港区芝大門1-4-7アルファビル602

都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分 JR山手線・京浜東北線浜松町駅から徒歩5分

TEL/FAX: 03-6809-2626
お問い合わせ先:info@golcore.com (@は小文字にして入力ください)

Web:http://golcore.com

このコラムに類似したコラム

ボールを見過ぎるとスイング軸がぶれる!? 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/06/05 09:07)

バックスイング時のカラダの動く順番を覚える【実践編】 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/11/28 22:53)

肩甲骨を動かす!広げる!首~背中周りのストレッチ 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/07/31 21:02)

肩甲骨、寄せる!動かす!代謝アップ!! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/07/29 13:07)

ゴルフピラティスワークショップ-「ミート率アップ」-コア(お腹)その2 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/07/27 14:27)