濃厚ガトー・オ・ショコラ 1月の製菓連続講座にて - 洋菓子・和菓子 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

水島 弘史
水島 弘史
(料理講師)
大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
廣瀬 ちえ
(料理講師)
千葉 真奈
(料理講師)

閲覧数順 2017年02月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

濃厚ガトー・オ・ショコラ 1月の製菓連続講座にて

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 洋菓子・和菓子
フランス菓子

1月23~26日
製菓連続講座にて

キャラメル・ブール・サレとチョコレートのタルトレット




今月は 寒いので、重たいチョコレートケーキを作ろうと思います。

ガトー・オ・ショコラgateau au chocolat

使ったチョコレートはバローナの「クール・ド・グアナラ80%」

通常のグアナラ70%に比べて、強い味や香りのチョコレートです。
クールcoeurとは心臓のこと。つまりグアナラの心臓部を取り出したようなチョコレート、ということでしょうか。

ココアは油脂分(カカオバター)と固形分からなりますが、チョコレートの味や香り、個性を決めるのは、大半は固形分によるものです。このチョコレートは通常とは違い、固形分を増やしてあるのだそうです。
袋を明けた瞬間、ふわっと花のような、強く華やかな香りがたちます。

かなり濃厚でどっしり重たいチョコレートケーキだと自分でも思いましたが、とある生徒さんのお家では幼稚園の坊やが、「パパの分まで食べてしまいました!」
とのことで、びっくり。
生まれた時からこの子を知っていますが、バローナのチョコレートやら、ママの手作りのチョコレートケーキばかり食べて育っているため、大人顔負けのグルマンです。
私が心の底からおいしいと思えるまでに半年かかったフランボワーズも、大人になってから初めて食べた超すっぱいカシスも、あたり前のように「おいしい!」と言うのだそうです。

うちでは彼をスイーツ王子と呼んでいます。さらにはほかにスイーツ王女様もいるのです。
味覚の経験値が高いというのは、素晴らしいことです。たくさんの未知なるものも、抵抗なく受け入れられる素地がある、ということ。
しかし・・・彼のこの先がちょっと心配。






このコラムに類似したコラム

米粉のチーズケーキ講座にて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/11/21 00:07)

撮影ポイント 宮代 眞弓 - 料理講師(2013/11/03 16:07)

可愛い食感! 6月の製菓基礎講座にて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/06/19 22:45)

生徒さんから 宮代 眞弓 - 料理講師(2013/04/25 00:27)