小笠原 隆夫(経営コンサルタント)- コラム「やってみせ、言って聞かせて…」 - 専門家プロファイル

小笠原 隆夫
組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

小笠原 隆夫

オガサワラ タカオ
( 東京都 / 経営コンサルタント )
ユニティ・サポート 代表
Q&A回答への評価:
4.7/75件
サービス:4件
Q&A:193件
コラム:578件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

やってみせ、言って聞かせて…

- good

社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 私の思い・考え 2008-04-07 00:00
 “やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、褒めてやらねば、人は動かじ”とは、かの山本五十六元帥が、仕事を教えるにあたって指導者の心得を説いた言葉として有名です。リーダー、マネージャーといった人への研修でもよく引用される言葉です。しかし頭ではわかっていても本当に実践しようとするとなかなか難しい…。私などはそこまで根気が続かないというのが本音です。

 4月から新入社員も入り、新たに人を指導する立場になった方も多い時期だと思います。人を指導している中では“何故こんな常識的なことを知らないのか”、“何故こんなことまで言わなければわからないのか”、“何故自分から動こうとしないのか”等、何故と思うことに沢山遭遇します。“最近の奴らは…”などとイライラする事も多いと思います。

 なぜイライラを感じてしまうのか。そう思う裏には“自分はここまで酷くなかった”、“自分はもう少しやっていた”という自負がどこかにあるはずです。でも良く考えて見て、本当に自分はできていたのでしょうか。今教えられている立場の人たちより本当にマシだったのでしょうか。実はそうでないことも多々あるはずです。
 そして指導された内容を、心から納得して取り入れた事がどのくらいあったでしょうか。他人に言われて自分を変えるということは、実は案外少ないものです。(イヤイヤ従っているのは変わった事にならない。) 逆に言えば“人を動かす”という事はそれくらい労力がかかる大変な事なのです。

 今回言いたい事、それはちょっと指導するくらいで人を変えよう、動かそうなどと思わないという事。気持ちを入れ替えて冒頭の言葉を見直すと、今までと違う部下や後輩との接し方が見えてくるような気がします。
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム