社会保険加入時期について - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社会保険加入時期について

マネー 年金・社会保険 2008/06/28 01:03

さいこと申します。

2つ質問させていただきたいのですが、まず、私は派遣社員で3ヵ月ごとの更新のため、「将来にわたる収入」が確定していません。
現在は結婚していて主人の扶養に入っています。

2008年5月末から働いているのですが、2008年10月以降の3ヶ月更新が決まった時点で「将来にわたる収入」が年間130万を超える見込みになります。

派遣会社からは3ヶ月目である2008年7月から社会保険に加入するように言われましたが、扶養をぬけるのは「将来にわたる収入」が年間130万を超える見込みがついた時、2008年10月以降の3ヶ月更新が決まった時でいいのでは?と思っています。

派遣会社の方もあまり詳しくないようで、3ヶ月目から社会保険に加入しないといけない理由はよくわかりません。


2008年5月末から働き始め、2008年9月までは契約が決まっており(9月まででは年収130万を超えません)、10月からの3ヶ月更新の有無は9月頃にわかります。
この場合社会保険に加入し、扶養からぬけないといけないのはいつでしょうか?


2つ目は、社会保険に加入する=雇用保険にも加入するということなので、もし2008年6月から社会保険に加入したとすれば2009年6月以降に派遣契約が打ち切りになったとしても失業保険を受け取れるという解釈であっていますでしょうか?

早めに社会保険に加入するメリットとしては失業保険を受け取れる可能性が少し上がる事かなと思っています。
もし検討違いだったらご指摘いただけるとうれしいですm(__)m

さいこさん ( 滋賀県 / 女性 / 29歳 )

回答:2件


ファイナンシャルプランナー

- good

社会保険加入のメリット

2008/06/28 06:28 詳細リンク
(3.0)

さいこさん、はじめまして。
株式会社くらしと家計のサポートセンターです。

保険証を二つ持つことはあり得ません。7月から社会保険に加入するということであれば保険証をもらった段階で扶養を外すことになります。

失業給付の受給要件は加入期間1年以上ですが、会社都合の場合は半年あれば要件を満たします。また出産のための退職の場合も同じです。
特定受給資格者の範囲についてはこちら
http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h3a2.html

社会保険加入のメリットは健康保険に加入することで出産手当金や傷病手当金などの保障があること、厚生年金に加入することで、国民年金+厚生年金と将来もらえる年金額が増えることです。

なるべく早く社会保険に加入したほうがいいですよ。


株式会社くらしと家計のサポートセンター
http://www.fpwes.com/

評価・お礼

さいこさん

社会保険に加入する=雇用保険にも加入するということではないのでしょうか?

色々勉強になりました。
ありがとうございました!

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

社会保険事務所が最終判断します!

2008/06/28 13:24 詳細リンク
(4.0)

さいこ様へ

はじめまして、FP事務所アクトの山中と申します。
今回、さいこ様からのご質問につきまして、お応えさせていただきます。
下記をご参考にされてはいかがでしょうか。

(ご参考)
1.社会保険への加入基準につきまして、
1日又は1週間の所定労働時間及び1ヶ月の所定労働日数が一般社員の概ね4分の3以上が判断ラインになります(ただ、あくまでも目安で社会保険事務所が最終判断します)。
(例)
・一般社員8時間/日⇒派遣(短時間就労者)6時間以上/日
・一般社員20日/週⇒派遣(短時間就労者)15時間以上/週

2.しかし、上記の基準内でも加入しなくてもよい場合があります。
・日雇い(1ヶ月以内)
・2ヶ月以内の期間雇用者(ただし、所定期間を超えた場合を除く)
・季節的雇用で4ヶ月以内の期間雇用者
・臨時的な事業で6ヶ月以内の期間雇用者
・所在地が一定しない事業者

3.さいこ様の場合、
短期就労者(期間雇用者)でも、当初3ヶ月(試用期間)で2ヶ月を超えておりますので、社会保険へ加入をされなければなりません。

4.雇用保険の加入条件につきまして、
(下記の全てを満たすこと)
・1年以上の雇用見込みであること。
・所定労働時間が週20時間以上になること。
・65歳未満の就労者であること。

5.雇用保険の失業給付の受給要件として、
原則、離職の日以前1年間に被保険者期間が通算して6ヶ月以上が必要です。

以上

評価・お礼

さいこさん

私の場合、今の時点では年収130万円超える見込みがなくても社会保険に加入しないといけないのですね。
わかりやすくとても助かりました。
ありがとうございました!

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

失業保険(雇用保険)を貰う際の退職理由について。 ヒロちゃん★さん  2011-03-11 13:02 回答2件
出産手当金について。 ヒロちゃん★さん  2010-10-07 19:08 回答1件
雇用保険について みややんさん  2008-06-27 22:48 回答1件
失業保険と出産手当金について てれさん  2008-04-14 12:46 回答2件
社会保険加入条件 MINAHIROさん  2007-08-19 21:55 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 正しい生命保険の選び方
小島 雅彦
(保険アドバイザー)