カラ期間or扶養 - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

カラ期間or扶養

マネー 年金・社会保険 2008/06/25 13:51

初めまして。私は近々ワーキングホリディで渡加(トロント)するものです。「年金」について悩んでおります。

今回、海外に行くにあたり、住民票を外し海外転出届を出してしまって、カラ期間として年金を全て支払わずにいるべきか、夫の厚生年金に扶養で入れてもらうか、迷っています。海外滞在期間が1年以上になるか1年以内になるかはまだ定かではありません。1年以上になるのであれば、「住民資格が自然に消滅してしまう」とありますが、それは夫の扶養に入っていた場合、年金資格も同様に消滅してしまうというように理解してしまっても良いのでしょうか。

もし住民票を残していけば、例え扶養に入って健康保険、年金に加入できていたとしても、住民税がかかってしまうことになるとも思います。
ただ、将来において年金受取の金額変わってくるであろうことを考えると、扶養に入っていたほうがいいのかな。と悩んでいるところです。メリットデメリットがあるかと思いますが、やはり扶養に入っていれば、将来受取る年金の額はカラ期間があるよりも受取る額はおおくなるのでしょうか。ご指導いただければありがたいです。
宜しくお願いします。

はぴさん ( 兵庫県 / 女性 / 31歳 )

回答:1件


カラ期間or扶養について

2008/06/25 21:11 詳細リンク
(4.0)

はじめまして、はぴ様。
社会保険労務士、ファイナンシャルプランナーの牛尾理です。

扶養に入っている(国民年金の第3号被保険者)期間は「国民年金保険料を払っている」期間という扱いですので、年金金額に反映しないカラ期間と比べれば、年金額は当然多くなります。

現在の住民税がもったいないと考えるのか、将来の年金を増やしたいと考えるのか、どちらに重きをおくかでしょう。

補足

再質問への回答です。

住民票が日本にあり、扶養の範囲内であれば何年海外に居ようと資格がなくなることはありませんし、扶養から外れることもありません。

扶養の範囲内とは(海外で得られた収入は日本で確定申告されると思いますが)年収が130万円未満です。

評価・お礼

はぴさん

的確なご指示ありがとうございます。やはり海外滞在が1年以上経過してしまうと、扶養に入ってカナダに行ったとしても、自動的に遡って日本にいなかったことになり、カラ期間と算定されてしまうのでしょうか。なんどもご質問して申し訳ありません。よろしければご回答ください。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

年度途中の退職と扶養控除について まるぴさん  2012-11-11 10:28 回答1件
退職後の健康保険と留学中の手続き zhengzhengさん  2011-06-23 23:46 回答1件
社会保険料は会社によって違う? ereereerekさん  2010-06-29 21:22 回答1件
時給アップと社会保険加入とどちらが良いでしょうか OKAPHIRさん  2010-01-26 20:54 回答1件
雇用保険について machimachiさん  2010-01-06 22:51 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 正しい生命保険の選び方
小島 雅彦
(保険アドバイザー)