妻の老後 - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

妻の老後

マネー 年金・社会保険 2007/11/20 20:42

はじめまして。たれといいます。
会社勤めをしているので厚生年金に加入しています。
将来のことになりますが、私が仮に年金を受給する65歳の時に亡くなってしまった場合、私が仮に月あたり20万円もらえることになっていた年金を妻が受け取ることができるのでしょうか?
妻は現時点では第3種ですが、きっと月あたりに受け取る額は5万円程度だと思っています。
妻は自分の年金分も夫の分もあわせて受け取ることはできるのでしょうか?

ご教示いただきますようお願い申し上げます。

くまこ5さん ( 東京都 / 女性 / 29歳 )

回答:2件

山中 伸枝

山中 伸枝
ファイナンシャルプランナー

- good

遺族厚生年金を受けるには、25年が必要

2007/11/21 05:30 詳細リンク

たれ様

おはようございます、ファイナンシャルプランナーの山中伸枝です。

65歳以降の遺族厚生年金の取り扱いについては、牛尾先生が回答されている通りなので蛇足ですが・・・

まず妻が受ける遺族厚生年金は、会社勤めの夫が亡くなったとき、または厚生年金加入期間(つまり会社員)25年以上の夫が亡くなったときに対象になります。例えば、会社勤め24年の後、独立し自営業者(第1号被保険者)になりその時に亡くなると、妻は遺族厚生年金を受け取ることが出来ません。これが死亡時に自営業者であったとしても、会社勤めがもう1年長ければ、遺族厚生年金をもらうことができます。

また会社員の妻であっても、奥さんが20代でお子さんがいらっしゃらなければ、遺族厚生年金の受給期間は5年という期間限定です。

万が一の時、家族はどうなるんだろう・・・家族を思えば、心配にもなりますね。そういう心配をなくすために、生命保険があります。公的な制度は大切ですが、やはりそれだけでは不足する部分があります。一度専門家に保険のあり方など説明を受けるとすっきりすると思いますよ。

でも、何より大事なことは夫婦揃って、家族みんなで末永く元気に暮らすことです。そのために一生懸命働いて貯金をします。お金を貯めることは元気で暮らす場合にも万が一の時にも、生活を支えてくれます。

人生長いですから、お金の専門家と上手につきあい二人三脚でいかれたらよいと思います。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


65歳以降の遺族厚生年金について

2007/11/21 00:26 詳細リンク

はじめまして、たれ様。
社会保険労務士、ファイナンシャルプランナーの牛尾理です。

平成19年4月から併給の仕方が変わり、妻の老齢厚生年金を併給するようになりました。二つのパターンで回答します。遺族基礎年金は18歳年度末(障害がある場合は20歳年度末)までのお子様がいらっしゃらないと支給されませんので、ここでは除外しました。

1.夫の老齢厚生年金が100万円、妻の老齢厚生年金が40万円の場合

今までは夫の遺族厚生年金100万円×4分の3=75万円が有利なため(妻の老齢厚生年金よりも多いため)こちらを選択していました。つまり妻が受け取れるのは、遺族厚生年金75万円と妻の老齢基礎年金でした。

改正後は遺族厚生年金75万円の範囲内で、妻の老齢厚生年金40万円と遺族厚生年金35万円を受け取ります。総額の変更はありません。

2.夫の老齢厚生年金が80万円、妻の老齢厚生年金が50万円の場合

今までは夫の遺族厚生年金の3分の2 80万円×4分の3×3分の2=40万円 妻の老齢厚生年金の2分の1 50万円×2分の1=25万円 合計65万円が最も有利なため、これを受け取っていました(夫の老齢厚生年金の4分の3では合計額が少ないので)。

改正後は合計65万円のうち、妻の老齢厚生年金50万円と遺族厚生年金15万円を受け取ります。総額の変更はありません。

結局、総額で考えると、遺族厚生年金は夫の老齢厚生年金の4分の3、あるいは夫の遺族厚生年金の3分の2(老齢厚生年金の4分の3×3分の2)と妻の老齢厚生年金の2分の1の合計のどちらかになります。

細かい要件は外し、できるだけ簡単にしましたがお分かりいただけたでしょうか。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

妊娠による退職後の保険、年金について教えてください もにもに1104さん  2011-07-23 22:09 回答1件
年金受給している年齢で夫死亡した場合の妻の年金について まさおばさんさん  2011-07-21 10:32 回答1件
国民年金、健康保険について。 sleberoseさん  2010-09-10 01:18 回答1件
国民年金の特例免除を追納するかどうか グレープさん  2008-10-17 20:46 回答1件
会社員の妻の厚生年金加入について 南あやこさん  2008-10-09 19:45 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 正しい生命保険の選び方
小島 雅彦
(保険アドバイザー)