終身保険と定期保険、養老保険について - 生命保険・医療保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

終身保険と定期保険、養老保険について

マネー 生命保険・医療保険 2017/02/02 23:44

初めまして。
子供が生まれ、夫婦共何も保険に入っていないこと、また子供のために貯蓄を兼ね、保険を考え始めました。

情報:
主人 32歳 年収 1030万(去年の確定分)
妻 32歳 年収 800万(去年の確定分※今年は、産休中のため、減額)
子供 0歳(将来もう1人を予定)

●ローン 5300万(購入して3年 毎月31万返済)
●貯蓄 銀行口座:600万
財形・持ち株:300万
投資信託や社債:300万


保険に悩み、ソニー生命の説明を聞きました。
その際に 終身保険と定期保険を進められましたが、それと同時に学資保険を行うのであれば、ドル建ての保険をといても
勧めてきます。ドル建ては、利率がいいものの、為替のリスクが不安であるので、簡単に決めることができません。
何も保険に入っていないこともあり、慎重に決めたいのですが、4月より保険料の改定があるようなのでそれまでには
決めてしまいたいです。

手持ちの現金で、600万ほどあるので、いくらか一括で預け入れ、利率が高いものがないかなど
検討しているのですが、保険が商品がいろいろな会社からいろいろな商品が出ているため
把握できません。かと言って、無料FPが勧める保険は信用できません。
何かアドバイスをいただきたいです。

月収の40万を常に貯金に回しています。

自分探し中さん ( 東京都 / 女性 / 32歳 )

回答:2件

岩川 昌樹 専門家

岩川 昌樹
ファイナンシャルプランナー

- good

保障、ローン、資産形成、総合的に有利な判断が必要

2017/02/03 11:11 詳細リンク
(5.0)

はじめまして、FPブレーンの岩川と申します。

投信や債券投資もしている自分探し中さんなら、金融の理解を深めて
ご自身で行うと有利になると思います。

世帯収入も高いので、ローンや保障や資産形成と、必要な情報は理解し、
総合的な判断するとよいですね。
知ると知らぬでは、長期的に大きな差がでます。

何もかも生命保険で解決せず、貯蓄と保障は切り分けて考えることが大切です。
保障は、掛け捨てで安く準備し、少しでも余裕資金をつくり、資産形成に回すことが重要です。

> 学資保険を行うのであれば、ドル建ての保険をといても勧めてきます。

まずは、貯蓄保険の仕組みを理解すると何が効果的か判断できます。

確定型貯蓄保険は、間接的に、国債に投資をし、お客様への解約返戻金を確保しています。
※現状投資先がマイナス金利で、運用が出来ず返戻率が下がり、保険料が上がるわけです。

確定型貯蓄保険・・・・・主な投資先は日本国債。
ドル建終身や養老・・・・主な投資先は米国国債。

保障が必要なければ、直接、国債を保有した方が有利です。
中間業者が少ない方が無駄なコストカットによりリターンが良くなります。

ドル建保険は、どうしてもドルで保険金を受給すべき理由が無い限り、余計なリスクを負うだけです。
掛け捨てで保障を安く準備し、資産形成はidecoやNISAなどを利用して行うことが良いです。
ドル建保険は「為替リスク」が悪いわけではありません。
為替リスクは投資先の収益があれば、時間で解決することができます。

例(投資額1,000万) 2/3現在
・ドル建養老10年・・・10年後1,062万(返戻率約106.2%)
・米国国債10年・・・10年後1,250万(返戻率約125%)
上記はドルベースの円換算です。(為替リスクは両者とも同様にかかります。)

このように、保険会社を経由するだけで、資産形成に差が出ます。

> 手持ちの現金で、600万ほどあるので、いくらか一括で預け入れ、
> 利率が高いものがないか

こちらは運用期間により判断する事になります。

投資を既に行っている、自分探し中さんなら、ある程度の価格変動リスクをとって、
長期的な資産形成をした方が家計はさらに良くなると思います。(もちろんやり方ですが)

財形や持ち株は、それぞれ、リスクリターンは異なりますが、実は両者とも金額が大きくなると
非効率になったり、リスクが高くなることも考えられます。

参考までに持ち株のリスク↓
https://goo.gl/NokLTS
https://goo.gl/3XcNWq

ご不明な点があれば、気軽にご質問ください。

為替リスク
資産形成
保障
投資
保険

評価・お礼

自分探し中さん

2017/02/03 23:21

大変わかりやすいご説明ありがとうございます。
具体的な説明に過去のブログのURLまで記載していただけて、夫婦ともに満足しております。

追加でご質問させてください。
質問1
今後、米国の金利をあげようとしているため、もう少し待って米国国債を買ったほうがいいでしょうか。

質問2
豪ドル建てはいかがでしょうか。

質問3
最近気になっている市場としては、海外の新興市場を投資先として、インドネシア、フィリピン、アフリカはいかがお考えでしょうか。

岩川 昌樹

2017/02/04 23:59

質問1について
金利と債券価格の関係も良く理解しているのですね。
現在を基準にみれば、確かに安く購入できるかもしれませんね。
ただ、目先の予測ですと、当たるかも知れないですが、外れるかも知れません。
都度、投資タイミングを計ると、当て続けないといけません。
それが長期的に良い判断かと言うことです。

質問2について
金利が高いことが理由でしょうか。
物価上昇率、金利の低い日本から、物価上昇率、金利の高い地域は
円高に推移するという購買力平価説という考え方があります。
(もちろん、仮説で必ずしも成立しません)

質問3について
選択の経緯や希望をお聞きしないと回答できないですが・・・・

★商品(投資)の判断はこのように考えます。

リスクが同じなら、リターンの高い手段を選択
リターンが同じなら、リスクの低い手段を選択

仮に
先進国に分散投資で5%
新興国に分散投資で5%
豪ドル建債券に集中投資で5%

同じリターン5%であっても、リスクは異なりますね。
どのような手段、商品が、自分探し中さんご夫婦の考え方に
合い、有利かどうかは、たくさんの情報がないとなかなか判断が
できないのが現状です。
裏を返せば、何も聞かれずに、商品を勧められるのは、なぜか?
ということですね。

明確な回答にならず申し訳ありません。
詳細は、個別にご相談いただいても構いませんし、運用アドバイスの経験あるFPに
相談されると、悩み解消できるのではないでしょうか。

回答専門家

岩川 昌樹
岩川 昌樹
(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
FPブレーン株式会社 長期投資専門FP
043-306-5800
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「本当に必要な資産運用」。家族のことのように考え、提案します

お客さんごとに異なるライフスタイルやリスク許容度に応じて、オーダーメイドの資産形成サービスを提供しております。資産形成を始めてみたいが、何から手を付けたら良いか解からないという方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
岡崎 謙二 専門家

岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

4 good

保険の件

2017/02/03 16:42 詳細リンク
(4.0)

こんにちわ。自分探し中さんのお勤めの会社がわからないためマイカクな回答はできませんが、年収から推測すると大手でしょうか。弊社は数社大手会社の顧問FPをしておりますが、
会社に死亡弔慰金、遺児年金、差額ベット代支給、グループ保険、共済等があります。
保険に関してですが、まずはご夫婦のお勤めの会社に上記を確かめ、保険が必要なら会社のグループ保険を検討しましょう。定期保険と医療保険は間違いなく安いでしょう。
学資保険は加入しても良いでしょう。ドル建てはしっかりと理解して加入が必要です。
簡単ですが参考にしてください。

評価・お礼

自分探し中さん

2017/02/03 23:27

ご回答ありがとうございます。
夫婦ともに大手の会社に勤めております。

私(妻)の会社は、アフラックで、金額があまり良くなかったような。。(8年前に見て、入らなかったため、最近はわかりません)
主人は、マシュウ保険というよくわからない保険を会社で扱っているようです。

質問1
大手の加入している保険と個人で加入する保険の違いは、金額だけなのでしょうか。

質問2
岡崎さんのおすすめの保険はありますか

岡崎 謙二

2017/02/04 12:25

夫婦ともに外資系でしょうか。外資系はたしかに福利厚生の点では国内大手会社に比べて劣りますが再度会社の福利厚生やグループ保険を確認しましょう。
会社のグループ保険、共済は一般的な保険に比べて保険料が割安です。ただその会社(団体)を脱退するとやめなければならないのはデメリットですね。
質問2の具体名はさすがにこの場ではご紹介できませんが、学資保険はソニー、アフラック、日本生命が返戻率良いです。保険で積立てのデメリットは金利低い時に加入するとそれがずっと続き金利上昇時には不利です。だから現金で積立ててもよいでしょう。

回答専門家

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役
06-6147-7147
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

お金の相談10000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

岡崎 謙二が提供する商品・サービス

その他サービス

住宅メーカー紹介サービス

大手住宅メーカーを検討されている方必見のサービス 10社から選べて大幅割引特典あり

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

夫婦二人の保険見直し レグルスさん  2015-02-12 20:42 回答3件
貯蓄性保険について むらなかさん  2015-11-19 00:51 回答2件
アクサ生命 ユニット・リンク保険(有期型) miyamiya407さん  2016-09-19 13:08 回答1件
アクサ生命のユニットリンクについて ちゃこ424さん  2017-05-23 20:38 回答3件
主人の保険、死亡保障のことで迷っています。 ゆり6さん  2016-08-14 15:18 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 正しい生命保険の選び方
小島 雅彦
(保険アドバイザー)