住宅購入に際して - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅購入に際して

マネー 住宅資金・住宅ローン 2007/06/29 10:32

初めまして。31歳会社員です。
ローンの組み方と貯蓄額に関してご相談です。
このたび戸建の家を購入しました。5980万でした。
頭金で1,000万を入れて、ローンは5000万程組もうと思っています。
私の年収は750万、結婚予定の彼女(30歳)がいるのですが、彼女の年俸は450万です。
毎月17万前後の返済にしようと思っています。
住宅ローン控除を考え、2人でそれぞれローンを組みたいと思っているのですが、自分が3000万前後、彼女が2000万前後という組み方で問題ないでしょうか?

また貯金ですが、私が毎月5万円とボーナス時に15万、彼女が毎月3万円づつ貯蓄しています。始めたばかりなので、まだ200万位です。
保険関係は県民共済の毎月2000円だけです。
どんな保険に入ったらいいかも分かりません。。

総じたバランスでいっていかがでしょうか?

ご意見伺えればと思います。
よろしくお願い致します。

SAEBAさん ( 東京都 / 男性 / 31歳 )

回答:5件

大間 武 専門家

大間 武
ファイナンシャルプランナー

- good

大きな変動のときにこそしっかりとしたプランを・・・

2007/06/29 12:10 詳細リンク

SAEBAさん、ご質問ありがとうございます。
ファイナンシャル・プランナーの大間です。

早速ご質問の件ですが・・・
☆ローン組み方について
借入金額から見ることと、月々の返済額からも見てください。
また、SAEBAさんと奥様の借入条件が違う場合もありますので
こちらも注意してください。
月々の返済額に余裕がある場合には
借入期間に変化をつけても良いかもしれません。

☆貯蓄につきましては、
新居での生活が始まった場合の月々のお金の流れ
今後のライフプランの予定によって
現状の貯蓄が可能か?現状のままで間に合うのか?等が見えてきます。

☆保険その他
保険につきましては、
SAEBAさんのお考えや奥様のお考えが重要になってきます。

全体的に申し上げますと、様々な支出を行う家計は一つですので、
今後尾訪れる様々なライフイベントについて事前にスケジュール等の内容を決め、
計画的に実現していってください。

これを一目でみることができるものとして
ライフプラン表とキャッシュフロー表があります。

ぜひこの機会に作成して、今後の家計運営に活用してください。

回答専門家

大間 武
大間 武
(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社くらしと家計のサポートセンター 代表取締役

お金にも“心”がある。送り出す気持ちで賢く上手な家計管理を

法人、個人の形態を問わず、クライアント(お客様)のパートナーとして共に次のステージを目指し、クライアント(お客様)の質的成長にコミットします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入の件

2007/06/29 12:40 詳細リンク

SAEBAさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

物件価格が5,980万円と決して安くはありませんので、住宅ローンを組むに当たりできるだけ自己資金を充実していただくことをおすすめいたします。

現在は頭金として1,000万円を予定していますが、ご両親からの住宅取得資金贈与なども活用して、最低でも20%相当額(1,200万円程度)は確保していただくことをおすすめいたします。


そうしていただくことで、住宅ローン金額を抑えることができますし、毎月の返済額も軽減することができます。

SAEBAさんのこれからのライフプランを考慮した場合、お金がかかることがたくさんありますので、住宅ローンに収入の多くを充当するようなことは避けて頂くことをおすすめいたします。

夫婦げんかの一番は、お金に関することです。
お金にはゆとりを持ちましょう。

また、住宅ローンを組むに当たり、各々別々に組んで頂いても結構ですし、収入合算でも構いませんが、各々が組む金額につきましては、融資先の金融機関と打ち合わせのうえ決定してください。

保障関係につきましては、県民共済(都民共済?)に既に加入していますので、ご夫婦各々で終身タイプの医療保険に加入しておくことをおすすめいたします。

今のうちから加入をしておくことで、月々の負担が軽く済みますし、将来病気などにかかった後から加入する場合、加入制限があったり、割り増し保険料を負担する必要があります。

以上、ご参考にして頂けますと幸いです。また、分からないことなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

山本 俊成

山本 俊成
ファイナンシャルプランナー

- good

ライフプラン表の作成をお勧めします

2007/06/29 11:44 詳細リンク

SAEBA様、はじめまして。
FPの山本俊成と申します。

*ローンの組み方について
ローン金額の内訳についてですが、銀行のローン審査が通る範囲でお決めになればいいと思います。銀行は収入とローン金額から返済比率を算出しますので、借りられる上限が決まってきます。
ご注意いただきたいのは、現在は共働きですが、将来奥様になる予定の方が出産・育児を予定している場合、現在よりも返済がきつくなる可能性があることです。将来の資金繰りを見越した返済計画を考える必要があると思います。そういった意味ではSAEBA様のローン金額を多めにしておいたほうがいいかもしれません。

*貯蓄について
貯蓄する目的が大事です。結婚資金、ローンの繰上げ返済資金、車の購入資金、そして老後資金と貯蓄する目的によって、どういったスケジュールで貯蓄をし、どういったものに投資したほうがいいかが変わってきます。貯蓄に目的を持たせることで、計画的な資金計画が出来ると思います。
特に、年金問題等で最近不安が大きい老後資金については若い内から備えられれば安心も大きいです。

補足

*保険について
現在は独身ですし、結婚してもお子様が生まれるまではDINKS状態ですから、それほど大きな死亡保障はいらないと思います。住宅を購入すればローン返済用に団体信用生命保険にも加入しますので、お互い仕事をして収入があるうちは万一があってもパートナーに迷惑がかかる状況ではないと思います。
ご加入の共済の内容がわかりませんが、現状ではご自身の葬式代分程度の死亡保障と、入院費用負担に備えられるように医療保障があればいいと思います。
死亡保障については将来お子様が生まれたり奥様が仕事をしなくなったりした状況になり、ご自身に万一があった場合に家族が困る場合に本格的に検討する必要が出てきます。
ただ、ご注意頂きたいのは、保険は健康な状態でなければ加入できませんので、例えば仕事が激務でいつ倒れてもおかしくない、もしくは健康上に少し不安があるようでしたら早めの加入をお勧めします。

*ライフプラン表作成のお勧め
SAEBA様は人生の大きなライフイベントである結婚、住宅購入を予定しています。こういった状況の場合、是非ライフプラン表を作成することをお勧めします。
ライフプラン表を作成することによって将来の「住宅ローンの返済計画」「結婚後の資金繰り」「子供の教育計画」「老後資金の積立計画」がある程度はっきりします。
いい機会ですから検討されてみてはいかがですか。
ネットに色々と情報がありますので努力すればご自身でも作れるとは思いますが、より正確なものを求められる場合は専門家に相談されることをお勧めします。

阿部 雅代

阿部 雅代
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンは「借金」であるという認識を持つ

2007/06/30 09:07 詳細リンク

初めまして、SAEBAさん。
ファイナンシャルプランナーの阿部雅代です。

まず、これだけ多額のローンを抱えますと、奥様の稼ぎは必須となりますので、共働きをする夫婦の生活体制を始めからきちんと構築していくことが大切です。
何事も始めが肝心です。

そして、できる限り繰上げ返済して、余分な利子を払わないという意識を強く持ってください。
元利均等払いですと、始めは圧倒的に利子の部分が多くなっているので、繰上げ返済は、早いうちにやれば、ずっとお得です。

住宅ローンは、なんとなく「家賃」という風に解釈してしまうかもしれませんが、「借金」です。

私は、「欲しがりません、ローン完済までは!」という意識を強く持って、遊びの部分はほとんど封印して、借金返済に励み、5年で完済した実績がありますが、今では、本当に良かったと思います。

マインドの部分で参考にしてくださればと思います。


住宅購入に際して

2007/06/30 23:04 詳細リンク

お疲れ様です、SAEBA様。FPの吉岡健と言います。
ご質問についてお答えさせていただきます。

■住宅ローンについて
ご予定している借入が非常に大きくなっております。まずは自己資金の充当が必要か、と思います。頭金1千万円とのことですが、諸経費含めて物件価格の3割程度を目指すことは可能でしょうか?
また、年間の住宅ローン返済額は年収に占める割合としては25%程度に収めたい所です。今後のライフプランにもよりますが、例えば、お子様がお出来になり、彼女(奥様?)の収入が期待できなくなる、ことなどが有り得ますので、将来のビジョンを考え、慎重に検討してみてください。

■保険について
現状のDINKSであれば、詳細は分かりませんが、共済等でも十分であると思われます。しかし、保険についても今後のライフプラン(お子様誕生等)により、変更が必要だと思われます。ご結婚される時やお子様が生まれる時などに、再度、保険についてご検討されることをお勧めします。

どちらにしましても、ご結婚される彼女さんと今後のライフプランについて、十分に話し合いをされ、住宅ローンの割合を決定されることが良いのではないでしょうか?住宅購入は人生の中でも、大きな買物の一つです。彼女とご一緒に今後について十分な話し合いをお勧めします。お幸せに。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

現在共働き 住宅ローン繰上げ返済について kanaokoさん  2012-02-09 10:03 回答3件
中古物件購入 みちんさん  2009-09-08 16:38 回答3件
住宅取得するべきか、迷っております。 ムムムムムさん  2009-02-18 13:05 回答4件
家計診断及び住宅購入について norisama1さん  2008-07-01 00:37 回答7件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書など特典付)

住宅ローンを組んで住宅を購入するということは、人生最大の借金をすること。だから失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

年収400万円からの安心住宅購入術(提案書付)

年収400万円台の方の、無理のない住宅購入に向けた『資金計画』をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローンの借換えと生命保険の見直し個別相談会
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)