M&A - 財務・資金調達全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:財務・資金調達

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
本森 幸次
本森 幸次
(ファイナンシャルプランナー)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

M&A

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 財務・資金調達
  3. 財務・資金調達全般
経営 会計・税務

前回からの続き、廃業について。

仕事は属人的であるが故、廃業も悪いとは言えない。

あまり一般的とは言い難い意見ですが、これは私の正直な意見です。


例えば大企業同士のM&Aでも失敗する事案は山ほどあります。

合併してシナジーがウンタラカンタラ…と言いつつ、

結局「企業風土の違いが…」等の理由でご破算になるケースは山ほどあります。

仮に合併をしても相乗効果などまったく発揮できていないこともしょっちゅうです。


この点については小さな会社のほうがむしろフォローはしやすいのかもしれません。

ただ、本質的にお客様は

「この人だから安心して仕事が任せられる」

と思っている方が大多数です。

そういった気風を理解している、あるいは上手に転換していける後継者が

きちんと育っているなら継続をしていけば良いのでしょう。


ただ最近はそういう人間のことを無視して小さな会社にM&Aを

勧めるような話が流行しだしています。

従業員の雇用等々、色々と考慮すべき事情はあります。

そういうことを踏まえた上で、M&Aは軽く考えないほうが良いかと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

呼吸(2016/12/02 07:12)

このコラムに類似したコラム

会社を護るために大切なこと 高橋 昌也 - 税理士(2012/12/28 01:00)

年齢 高橋 昌也 - 税理士(2012/10/09 01:00)

廃業に至る理由 高橋 昌也 - 税理士(2012/10/08 01:00)

ひっそりと消えて行く会社 高橋 昌也 - 税理士(2012/10/07 01:00)

手形借入れで「コロガシ」できても安心できません 近江 清秀 - 税理士(2012/02/19 15:32)