会社を護るために大切なこと - 財務・資金調達全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:財務・資金調達

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
本森 幸次
本森 幸次
(ファイナンシャルプランナー)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

会社を護るために大切なこと

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 財務・資金調達
  3. 財務・資金調達全般
経営 会計・税務

在庫や売掛金について考えています。

まずここで会社を護るための大前提を考えてみたいと思います。

 

会社を経営し、継続し、護っていく上でとても大切なことがあります。

もちろんその答えは一つだけではありません。

しかし最も分かりやすく、シンプルで、しかも間違いのない答えがあります。

 

・会社にお金が残っていること

 

売上がすごく伸びていて利益もしっかりでている、けれどお金がない。

そんな会社、あるわけがないと思いますか?

しかし実際にはそういうことが多々起こるのが経営です。

 

一方でそこそこの売上でボチボチ手元にお金が残っている。

そんな会社もあります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

帳面屋のプロとしての視点 高橋 昌也 - 税理士(2013/01/13 01:00)

売ってからの話 高橋 昌也 - 税理士(2013/01/08 01:00)

お金を残す経営 高橋 昌也 - 税理士(2012/12/29 01:00)

道具に振り回されるなかれ 高橋 昌也 - 税理士(2013/01/16 01:00)

複式簿記 高橋 昌也 - 税理士(2013/01/15 01:00)