規模によりけり - 財務・資金調達全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:財務・資金調達

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
本森 幸次
本森 幸次
(ファイナンシャルプランナー)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

規模によりけり

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 財務・資金調達
  3. 財務・資金調達全般
経営 会計・税務

前回からの続き、融資について。

お金を貯めるまでの時間が必要ない、という利点を紹介しました。

さて、ではどんな事業や投資も融資が前提なのでしょうか?


そんなことはありません。

行いたい事業や投資の規模、それに日常的なお金の貯まり具合によって

融資を使うか否かは判断が分かれます。

現状で手元にお金が1,000万円程度あるならば、

100万円の車を購入するのに即金で買うこともあるでしょう。

手元資金が1,000万円で1,000万円の設備投資をしたいなら

やはり融資を活用するしかありません。

毎月どれくらいお金が入ってくるのかも重要なポイントです。

手元残高と収入状況に応じて融資の是非が問われます。


極小規模な企業ですと、設備投資=融資を使うということが

前提になっていることが少なくありません。

しかし、本当ならば自己資金で買えるものは買ってしまったほうが

良いこともあります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

呼吸(2016/12/02 07:12)

このコラムに類似したコラム

どの程度融資を使いますか? 高橋 昌也 - 税理士(2012/09/19 01:00)

やはりポイントは自己資金 高橋 昌也 - 税理士(2012/09/18 01:00)

事業の種類と資金規模 高橋 昌也 - 税理士(2012/09/13 01:00)

商売そのものには適さない 高橋 昌也 - 税理士(2012/10/31 01:00)

属人的 高橋 昌也 - 税理士(2012/10/28 01:00)