事業の種類と資金規模 - 財務・資金調達全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:財務・資金調達

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
本森 幸次
本森 幸次
(ファイナンシャルプランナー)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

事業の種類と資金規模

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 財務・資金調達
  3. 財務・資金調達全般
経営 会計・税務

前回からの続き、融資について。

起業時には自己資金と融資の組み合わせがポイントになります。

併せて大切なのは始めようとしている事業の種類です。

それに応じて必要な資金量は大きく異なります。


設備や人員がたくさん必要な仕事ならばそれだけお金の規模が必要です。

製造業や建設業にそんな傾向が強いかと思います。


自分一人でPC一つあれば出来る仕事ならばお金も不要です。

最近はこのお金を必要としないタイプの事業を行う人がとても多いです。

融資という制度そのものに頼るつもりがない方も少なくありません。

それはそれで健全な姿勢であるといえます。


ただし、必要な資金量については認識が甘くなりがちです。

利幅と金額、回転数などについて少し。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

セーフティーネット系融資 高橋 昌也 - 税理士(2012/09/23 01:00)

どの程度融資を使いますか? 高橋 昌也 - 税理士(2012/09/19 01:00)

やはりポイントは自己資金 高橋 昌也 - 税理士(2012/09/18 01:00)

設備投資は融資の活用手段の一つ 高橋 昌也 - 税理士(2012/09/17 01:00)

規模によりけり 高橋 昌也 - 税理士(2012/09/02 01:00)