借金をして家を買う=財政が硬直する - 決算対策・税金対策 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

借金をして家を買う=財政が硬直する

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 決算対策・税金対策
経営 会計・税務

前回からの続き、中小企業の節税策について。

住宅ローン控除の注意点について確認しています。


節税策そのものとは関わりありませんが、家を買うことによって

生じるリスクについては特に自営業者の方は知っておいて欲しいです。

それは


借金をするということは、融通が効きづらくなる


日本国の財政が厳しい、というのはよく知られていることです。

問題は借金額が多すぎて返済にお金が回ってしまい、

本来使われるべきところや使いたいところにお金が回せないことです。


これ、自営業者でもまったく同じことがいえます。

何度も繰り返しますが、中小企業にとって社長さんの財布と

会社の財布はつながっています。

会社に何かがあれば社長さんの財布が財政出動しなければなりません。

にも関わらず、もし社長さんの財布が住宅ローンの返済で

アップアップになってしまっているとしたら?

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

そもそも家を買うのがふさわしいのか? 高橋 昌也 - 税理士(2012/08/18 01:00)

住宅ローン控除 高橋 昌也 - 税理士(2012/08/16 01:00)

まず保障額の想定について 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/21 07:00)

当たり前だけどお金が出ていく 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/15 07:00)

保険の保障能力は代え難い 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/14 07:00)