実際には借入の返済が絡むことが多い - 決算対策・税金対策 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

実際には借入の返済が絡むことが多い

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 決算対策・税金対策
経営 会計・税務

前回からの続き、中小企業の節税策について。

ものを買う節税策の注意点について確認しました。

しごく当り前のことなのですが、買った金額以上に税金が安くなることなどあり得ません。

購入による節税はお金が減る、というシンプルな事実をぜひ覚えておいて下さい。


ただし、実際にはもう少し状況が複雑になります。

それは固定資産の購入などには借入金を活用することが多いからです。

とりあえず手元のお金を減らすことなく固定資産を購入し、

併せて節税策を実行すれば見た目ではお金が減っていないようにみえます。


しかし、借入金は返済するのが当然です。

そして借入金には利息もつきます。

ここらへんは資金繰りや利益の確保等々、非常に多くの要素が絡みます。


購入した固定資産を活用して利益や資金が獲得できるようになるならば

借入金の活用も悪いことではありません。

おまけに節税策も使えるならば一石二鳥、三鳥ともいえます。

結局は投資そのものが上手く活用されるような事業上の努力が大切なのです。


前提が長くなりましたが、具体的な節税策について少しだけ紹介します。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

このコラムに類似したコラム

特別償却と税額控除 高橋 昌也 - 税理士(2012/08/08 01:00)

節税をしてもお金が残るわけではない 高橋 昌也 - 税理士(2012/08/06 01:00)

固定資産関係 高橋 昌也 - 税理士(2012/08/04 01:00)

奥村佳史「法人税がわかれば、会社にお金が残る」 平 仁 - 税理士(2010/08/13 11:25)