収支の項目をある程度把握する - 決算対策・税金対策 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

収支の項目をある程度把握する

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 決算対策・税金対策
経営 会計・税務

前回からの続き、不動産投資と会計について。

複式簿記で計算されるのは利益です。

収支を考えるためには複式簿記の帳面から一工夫する必要があります。


工夫といっても大仰なものではありません。

要はお金が入ってくる要素と出てく要素を網羅的に掴んでおくことです。

家賃収入がいくらくらい。

修繕費で毎月これくらい出ていく。

借入の返済で毎月これだけ出ていく。

当り前のことですが、これは複式簿記をやっているだけではできないことです。


収支を把握するために使い易い資料をいくつか。

預金通帳、資金繰り表、キャッシュフロー計算書です。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

このコラムに類似したコラム

キャッシュフロー計算書 高橋 昌也 - 税理士(2012/07/20 01:00)

収支計算とは現預金の出入り 高橋 昌也 - 税理士(2012/07/11 01:00)

まず取引を列挙してみる 高橋 昌也 - 税理士(2012/07/09 01:00)

何をいくら持っているのか?という感覚 高橋 昌也 - 税理士(2013/06/27 07:00)

地域団体の会計で最低限気をつけたいこと 高橋 昌也 - 税理士(2013/06/25 07:00)