肘や手首の怪我防止にはゴルフピラティスでお腹を鍛えましょう - 各種のヨガ・ピラティスレッスン - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

肘や手首の怪我防止にはゴルフピラティスでお腹を鍛えましょう

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. 各種のヨガ・ピラティスレッスン
ピラティス

こんにちは、ゴルコア/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。


昨日は膝の怪我予防にもゴルフピラティスはお勧めとお伝えしました。


今日は肩周りや肘、手首の怪我にもゴルフピラティスはとても効果ありということをご紹介させていただきます。

肩周りはもちろん、特に肘や手首の痛みは、お腹(体幹部)の力の弱さが原因というケースが多くみられます。

お腹の力が弱いために手打ちになってしまい、肘や手首に負担がかかってしまうというケースが多いためです。


お腹(コア)がしっかりついていると、お腹からスイングをすることができるので、ひじやひざの怪我の場合でも、是非お腹を鍛えていきましょう。

逆に、お腹を鍛えることによって、ひじやひざのけが防止にもなります。

特に練習場のマットで怪我をするという方も多いので気をつけてくださいね。


お腹をしっかり引き込み、肩の力を抜いてスイングをしましょう。

このコラムに類似したコラム

アメリカ女子ゴルフシニアツアー挑戦 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/09/20 13:06)

ボールを打たない練習-ゴルフピラティス-内転筋編 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/07/16 10:52)

ダイエット!お腹!お腹!内腿!-その5 足のラインを整えましょう 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/04/10 22:32)

ダイエット!お腹!お腹!内腿!-その3 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/04/08 22:32)

「Golf Pilates & Virtual Golf Lesson」-バランス良いフィニッシュの為のゴルフピラティス 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/03/26 23:02)