ダイエット!お腹!お腹!内腿!-その3 - 各種のヨガ・ピラティスレッスン - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ダイエット!お腹!お腹!内腿!-その3

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. 各種のヨガ・ピラティスレッスン
ピラティス

こんにちは。ゴルコア代表/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

 

先日からダイエット中のお客様に行ったお腹と内転筋のトレーニングをご紹介させていただだいております。

今日も早速第三弾のピラティスエクササイズを御紹介していきたいと思います。

 

御参考:

トス&キャッチ

クランチ with 内転筋

 

レッグロッキング with ビックボール

1、仰向けになり両膝を立ててニュートラルポジションから両脚を天井に持ち上げます。

2.両脚の間にビックボールを挟みます。

3.息を吸って吐きながら両脚を右と左に少し動かし吸って元の位置に戻します。

メトロノームのようなイメージで左右対称に動かしましょう。

反動ではなく、動かす幅は、お腹でしっかりコントロールします。動かす幅が大きくなってしまうと、お腹の力ではなく反動で動かしてしまいがちですので、ゆっくり動かしましょう。

動かす際に内腿(内転筋)を使ってしっかりボールを挟んでおきましょう。

4.左右往復5回行います。

 

上半身に力が入っていると、お腹に力が入らず、反動で動かしてしまうので、肩の力は抜き、肩甲骨を安定させ、腹圧を高めて、お腹の力で動かしていきましょう。

両脚を伸ばしているのがつらい場合は、膝を曲げてもOKです。

 

 

コラムに関するお問合せその他全て、下記までお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」

場所:東京都港区芝大門1-4-7アルファビル602

都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分 JR山手線・京浜東北線浜松町駅から徒歩5分

TEL/FAX:03-6809-2626
お問い合わせ先:info@golcore.com (@は小文字にして入力ください)

Web:http://golcore.com

Blog:ゴルファーのためのカラダづくり『ゴルフピラティス』

 

このコラムに類似したコラム

アプローチやパッティングの正確性を高めるトレーニングとは? 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/11/19 22:49)

ボールを打たない練習-ゴルフピラティス-内転筋編 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/07/16 10:52)

ダイエット!お腹!お腹!内腿!-その4 ゴルファーにもオススメ!! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/04/09 21:44)

お正月明けからのカラダ改造計画第三弾-太ももをキュッと引き締める! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/01/14 22:04)

腹筋(インナーマッスル)を鍛えるピラティス 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/07/25 23:00)