面談頻度 - 顧問税理士・会計士 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

面談頻度

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 顧問税理士・会計士
経営 会計・税務

前回からの続き、顧問料について。

今回は税理士との面談頻度について取り上げてみます。


これについてはどうも税理士事務所によって大きく異なるようです。

基本的に税理士は納税者と面談をしない、と決めている事務所もあるようです。

また面談があるとしても税理士本人ではなく職員の方が担当されている

ケースも多いみたいです。

当事務所の場合、面談はすべて私自身が行なっています。


私の考えでは、納税者と税理士の面談はとても大切なモノです。

会社の数字をチェックするにあたり、経営者さんがどのようなことを意図しているのか

理解することは必要不可欠です。

意図通りなら良いですが、意図に反する方向に数字が動いているとしたら

その旨を確認しなければならないからです。


また税理士と言えども人間です。

数字だけで相手のことを真剣に考えることはできないと思っています。

やはりお話をして、その人となりを思い浮かべながら帳面を読んだほうが

気がつくことも多いものです。

ちなみにこれは大企業にはできない強みだったりします。


少し話がずれますが、中小企業にできて大企業にできない強みを少し紹介します。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

呼吸(2016/12/02 07:12)

このコラムに類似したコラム

事業年度と消費税 高橋 昌也 - 税理士(2012/08/23 01:00)

中小企業は行列のできるラーメン屋を目指せ! 平 仁 - 税理士(2012/05/21 06:00)

【個人の税金】小規模企業共済を活用して節税しよう! 松本 佳之 - 税理士・公認会計士・行政書士(2015/01/12 22:33)

プロの税理士としてのお仕事 高橋 昌也 - 税理士(2013/03/14 07:00)

脱税事件が・・・ 平 仁 - 税理士(2013/03/05 22:56)