プロの税理士としてのお仕事 - 顧問税理士・会計士 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

プロの税理士としてのお仕事

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 顧問税理士・会計士
経営 会計・税務

おはようございます、ホワイトデーの意味合いも最近は随分と変わってきているそうで。
…もはや各種イベントに男性の出る幕はないのでは?とすら思う今日このごろです。

企画について考えています。
自分なりのプロとアマチュアの線引についてご紹介しました。
プロは自分の得意分野を守る。
アマチュアはどんどん他分野に出るべし。

自分自身に当てはめると

・プロは得意分野以外はやっちゃダメ
俗に「集中と選択」なんて言われるやつですね。
ある程度は正しいと思っています。
私自身、税理士としては中小企業、個人事業主の事業顧問に特化させています。
税理士の一番基礎的な仕事ですが、突き詰めると非常に奥が深い分野です。
税金のこと、資金繰りのこと、人材育成、設備投資等々、税理士としてお客様と一緒に考えられる要素は山ほどあります。

実は相続の案件などが生じた時には、お付き合いのある税理士さんに基本的なところはお任せしています。
私が思うに相続税はきちんと仕事をしようとするなら相続税専門でやらなければ難しいです。
もちろん事業承継等々で事業経営と相続が絡むこともあるので、そういうときは協力して関与するようにしています。


これがプロの税理士としての私の考え方です。
ただ、これにもう少しアマチュア的な要素もあった方が良いと思っています。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

このコラムに類似したコラム

とかく孤独な社長さん 高橋 昌也 - 税理士(2012/07/06 01:00)

奥村佳史「法人税がわかれば、会社にお金が残る」 平 仁 - 税理士(2010/08/13 11:25)

【個人の税金】小規模企業共済を活用して節税しよう! 松本 佳之 - 税理士・公認会計士・行政書士(2015/01/12 22:33)

【法人税改正の動向<税制調査会資料より>】 近江 清秀 - 税理士(2014/05/12 08:00)

商業誌の方が御小遣い稼ぎをしたり 高橋 昌也 - 税理士(2013/04/24 07:00)