中小企業のほうが長期的視野に立っている - 顧問税理士・会計士 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

中小企業のほうが長期的視野に立っている

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 顧問税理士・会計士
経営 会計・税務

前回からの続き、顧問料について…からの横道です。

面談頻度の多さが顧問料に影響するという話を紹介しました。

事業の方針を確認することで、行きたい方向と数字が一致しているのか

確認することが大切です。


ここで少し押さえておきたいのは、長期的視野というお話です。

多くの方が大企業は長期的視野を持ち、中小企業は明日をも知れぬ毎日を

送っている、と思われているようです。

しかし、実際のところはその真逆であることが多いです。

大企業ほど明日の売上を気にし、きちんとした経営をしている中小企業の方が

よほど長い目線で事業を見据えています。

なぜなら大企業には株主や債権者といった利害関係者があまりにも

多くいるためです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

このコラムに類似したコラム

手元資金の重要性 高橋 昌也 - 税理士(2013/05/16 07:00)

プロの税理士としてのお仕事 高橋 昌也 - 税理士(2013/03/14 07:00)

法人を作る時の注意点 高橋 昌也 - 税理士(2012/08/21 01:00)

主な節税策は所得に作用する 高橋 昌也 - 税理士(2012/07/26 01:00)

中小事業者だからこそできる節税 高橋 昌也 - 税理士(2012/07/25 01:00)