トップがうまく作れない原因は右股関節の柔軟性でした - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

トップがうまく作れない原因は右股関節の柔軟性でした

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般
ゴルフピラティス

こんにちは。ゴルコア/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。


今日のゴルフピラティスパーソナルレッスンは、トップオブポジションがなかなかうまく定まらないという悩みをお持ちのお客様でした。

どこまで持ち上げたらいいのかがわからず、さらに、ダウンスイングでは右肩からおろしてしまい、脇があいてしまう・・・・ということ。


まずは、何度かスイングを見せていただきながら、ヒアリング。

トップのポジションが定まらないのは手からクラブを上げてしまう傾向があるので、お腹から身体を動かす意識を再確認していただきました。

又、右肩からおろしてしまうのは、右肩が少し内旋しているのが要因になるかもしれないとアドバイス。

しかし、さらにヒアリングをしながら身体の動きを見ていくと・・・根本的な原因が見えてきました。


アドレスからトップのときに、最初の始動は、体重を右かかとと右のお尻、股関節に体重を移動なのですが、この右野お尻に体重を乗せるというのがとても苦手、なかなか乗るのが難しい・・・・

ということは・・・・


   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

右股関節の可動範囲が狭い可能性あり

   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓


がっせき(座って、両足の裏を合わせて膝を外に開いた状態)のときの右と左のひざの高さがかなり違っていました。右ひざの方が高い、さらに腰回りの筋肉が硬いため、がっせきで手を離すと後ろに倒れてしまう、骨盤を立てるという姿勢が難しいということも判明。

   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

   股関節を広げるストレッチ

   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

   股関節をしめるストレッチ

   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

予想以上に右股関節の柔軟性がアップ

がっせきのときの右膝と左膝の高さが同じに!


スイングをしてみたところ、右のお尻に体重が移動しやすい!右にしっかり体重を乗せることができる!!

   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

自然に左肩が右脚の位置まで動かすことができる!!

   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

お腹からねじる意識ができて、自然にトップの位置が完成。

ダウンスイング時にもお腹からおろしてくることができる!!

右肩が先に動き始めない


っと悩んでいた原因が明確になり、苦手なトップオブポジションが自然に作れるようになりました!


今まで必死にプロから言われてトップの位置を気にしていたのがウソのよう!?


トップの位置が定まらず手であげてしまっていたのは、お腹が抜けてしまったのでもなく、右股関節の硬さが要因だったのです。


つまり・・・・ゴルフの技術がどうのこうのではなく、身体の柔軟性が大きな要因の一つだったのです。


同じようなお悩みの方、股関節の柔軟性をチェックしてみてはいかがでしょうか?



次回は股関節の柔軟性アップのエクササイズをご紹介したいと思います。




このコラムに類似したコラム

股関節の動きがスイングパワーにつながるゴルフピラティス③ 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/11/06 22:39)

ボールを打たない練習-ゴルフピラティス-股関節編 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/07/20 15:00)

ゴルフピラティスワークショップ-「インパクト」 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/06/02 18:24)

ダイエット!お腹!お腹!内腿!-その5 足のラインを整えましょう 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/04/10 22:32)

お正月明けからのカラダ改造計画第二弾-ぽっこりお腹をひっこめる 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/01/07 21:56)