ゴルフピラティスワークショップ-「インパクト」 - 各種のヨガ・ピラティスレッスン - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ゴルフピラティスワークショップ-「インパクト」

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. 各種のヨガ・ピラティスレッスン
ゴルフピラティス

こんにちは。ゴルコア代表/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

 

今日は、LPGA A級ティーチングプロの竹内プロ主催のゴルフピラティスワークショップが京都のCPスタジオにて開催されました。

 

今日のテーマは「インパクト」

 

パワーを最大に伝えるためのポイントは・・・

 

スピード

ストップ

 

スピードはわかると思いますが、なぜインパクトでストップ?

と思われると思いますが・・・

 

ダウンスイングからのスピードを、「左サイドで止める」=ストップ

 

この止めることによって、ヘッドが走ってくれて、パワーにつながるのです。

 

この時に使われるのが、左臀部(左股関節と、仙腸関節)。

 

ダウンスイングのスピードを一気に受け止めるため、この左臀部にはかなり衝撃が加わるため、痛めやすいので、ケアが大切です。

パワーを出すためには鍛えなくてはいけないし、その分、しっかりメンテナンスもしてあげましょう。

 

写真は左の内転筋のエクササイズです。

パワーを受け止めるためには左内腿(内転筋)は必須ですね!

 

 

 

 

 

コラムに関するお問合せその他全て、下記までお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」

場所:東京都港区芝大門1-4-7アルファビル602

都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分 JR山手線・京浜東北線浜松町駅から徒歩5分

TEL/FAX: 03-6809-2626
お問い合わせ先:info@golcore.com (@は小文字にして入力ください)

Web:http://golcore.com

Blog:ゴルファーのためのカラダづくり『ゴルフピラティス』

 

このコラムに類似したコラム

ボールを打たない練習-ゴルフピラティス-股関節編 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/07/20 15:00)

【緊急募集】6/22(土)開催第24回ゴルコアコンペ 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/06/15 01:36)

股関節の動きがスイングパワーにつながるゴルフピラティス③ 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/11/06 22:39)

股関節の動きがスイングパワーにつながるゴルフピラティス 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/10/31 19:46)

股関節の動きがスイングのパワーにつながる!! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/10/30 23:13)