現金のバブルはいつまで続くのか - 投資計画・ポートフォリオ作成 - 専門家プロファイル

森本FP事務所 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

現金のバブルはいつまで続くのか

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 投資計画・ポートフォリオ作成
くらしを守るマネー管理術 FP森本直人は、こう考える

今月5日に日銀が「包括緩和」という金融緩和策を
打ち出しました。

その中でも特に注目されたのが、
株価指数連動型の上場投資信託(ETF)や
不動産投資信託(J-REIT)を日銀が基金を設けて
買い入れるという項目です。

この発表は、金融関係の専門家の方々には
驚きを持って受け止められたようです。
その発表の瞬間に日経平均株価も急上昇しました。

ただ、今のところ円高傾向は、止まっていません。
これは、米国が日本と同様に金融緩和をする
予測があることもありますが、それでもなお
円の信用が高いと見られているからだと思います。

というのも、日本はデフレですから、
ある意味、現金(円)の価値がどんどん上昇しています。
実際、安い物に人々が殺到するような状況です。
平均給与は、大きく下がっていますし
お金を貯めなきゃとみんな思っています。

通常は、金利を低く誘導することで、お金を借りて、
事業や資産に投資をする人が増えるはずなのですが、
それでも、日本では、多くの人が現金に一番価値がある
と考え、デフレが止まらないため、
日銀が自ら投資に動いたといえそうです。

仮にもし今後日銀がルールを変えて、
ETFやJ-REITなどを大量に買い続けていけば、
手品のようなお話ですが、株式や不動産の価格は
上昇していくでしょう。

ただ、この場合、相対的に現金の価値は下がっていく
ことになります。

日本でもバブル当時は、「土地神話」といって
永遠に地価は下がらないと思われていました。
そのため誰もがこぞって不動産を買いました。

今は、それとは違って「現金神話」です。
現金の価値は絶対に下がらないと思われています。

資産のバブルが止まらなかった時期は、
日銀が金融を引き締めるため大幅に金利を上げて、
その後に資産バブル崩壊という流れでしたから
次は、大胆な金融緩和策の導入が、現金のバブルを
はじけさせるきっかけになるかもしれません。

ちなみに、現金のバブルがはじけるとは、
具体的には、突然物価が上昇し始めることです。

いつ頃どんなきっかけで、そうなるのかは分かりません。
もちろん、何年もこのままの状態が続くかもしれません。

ただ、今回の金融緩和策が大きな潮目の変化につながる
可能性をもっていることは、確かなようです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「くらしを守るマネー管理術」のコラム

投資をしない理由(2016/10/28 17:10)

安心なサービスの選び方(2016/08/26 16:08)

このコラムに類似したコラム

資産運用、NISA口座は購入する銘柄を選んでから申し込むのがポイント 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/11/15 17:00)

REIT価格安定局面へ、利回り3%台 三島木 英雄 - ファイナンシャルプランナー(2013/08/16 11:45)

日本のアクティブ投資信託で儲ける事は困難という現実を知ろう 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/11 10:00)

海外のREIT指数に連動するETFも取り扱いは少ない 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/09/01 10:00)

投資信託の流れ 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/05/13 14:57)